CREPOS | スペシャルクリエーター ゆっちょ

ゆっちょ2012/06/05 更新

インタビュー

インタビュー

2012/04/20 文:中尾
イラストを描き始めたのはいつ頃ですか?

ちいさいときから、両親が自由帳をくれて、保育園、小学校、いつも絵をかいていました。
中学校は美術部でしたが、コンクールの作品をつくるときしか、まじめに部活しない、ふりょう部員でした。
まんがのキャラクターをかいたり、「模写ようです」といってまんがをよんだり。。。

――ふりょう部員wということは絵はずっと描いていたのですね。
コンクールには入選したりはしなかったのですか?
また、どんなまんがが好きだったのでしょう?

コンクールは、残念ながら賞はいただけませんでした。。。このころからポスターがすごくニガテだったようです!
まんがは、中学校のころは友だちにすすめられた、「るろうに剣心」にすごく夢中でした。
少女まんがにない、あついバトルがくりひろげられる漫画は、わくわくします~。」
いまもどちらかというと少年まんががすきです。

――「るろうに剣心」、ありましたねえ。
そのころジャンプを読んでいなかったので詳しくは存じ上げませんが、
「キン肉マン」とか「ドラゴンボール」みたいなあついバトルはぼくも好きです。
かくいうぼくは妹の「りぼん」を読んで、いいなあと思ったりしていました。

読むまんがって兄弟のえいきょうが大きいのでしょうか。
わたしも弟のえいきょうで少年まんがばっかりよんで、
漫画家になりたいなーっと言っていました。

イラストレーターになろう!と思ったのは何がきっかけですか?

小さい時からイラストや絵はすきだけど、ちゃんと、おしごととして、
イラストレーターになろう!とおもったのは、専門学校を卒業してから、
携帯電話コンテンツのイラストのアルバイトのときです。
イラストのホームページを作るように、とすすめてくださった方がいて、作ってみました。
ホームページをつくったら気合いが入って、そこからイラストレーターめざして、活動をするようになりました。

――なるほど。はじめから夢だったわけではないのですね。
専門学校に行こうと思ったのはなぜなのでしょう?

大学のときに、部活のポスターやTシャツのイラストをやらせてもらって、
「イラストやデザインのおしごとできたらいいなぁ~」と、ぼんやり思いはじめていました。
それで、広告やグラフィックデザイナーを受けたりしてました。
でも、経験も知識もぜんぜんなかったので、もちろん採用をいただけない日がつづいて、
イラストもデザインも、ちゃんと勉強してまた挑戦しよう!とおもって、専門学校に行くことになりました。

――そうですよね。いきなりポンっと採用してくれるってなかなかないので、
とっかかりがないと難しいと思います。グラフィックデザイナーにはならず
イラストレーターになろうと思ったのはどうしてなのでしょう?

おはずかしいですが、さいしょ仕事のことをぜんぜんしらなくて、
グラフィックデザイナー=イラストたくさんかける!とカンチガイしていました。
でも、キャッチコピーをつけたり、字間や行間、バランスを気にしたり、がぜんぜんできなかったのです。それで、専門学校の途中でグラフィックデザイナーはむり!と、あきらめてしまいました。卒業してからイラストのお仕事をさがしていたら、携帯電話コンテンツのイラストのアルバイトに採用していただきました。
ときどき名刺やホームページのデザインのお仕事もありましたが、毎日イラストだらけで、すごく楽しかったです。

――ああ、カンチガイだったのですね。グラフィックデザイナーの仕事って、
情報を整理するような仕事が多いような気がします。そのときの勉強が今のイラストに役立っていたりはしますか?

そうですね?。わたしは学校の課題を提出すると、ぜったいに「バランスがわるい!」「全体にメリハリがない!」をいつも言われてました。
ので、それがやっとこさ気をつけられるようになってきました。
イラストも、ぜんぶをおんなじにしてならべると、ノッペリで見ていてつまらないし、
それをじょうずにると、もっと面白いイラストができるんじゃないかな?!と、日々探検ちゅうです。

制作するときは、何を使用していますか?

Photoshopとペンタブでかいています。
したがきとアイデア用の、ねた帳があります。
パソコンにいきなり描けたらかっこいいのですけど、
やっぱりいちばんさいしょは紙にてがきがおちつくのです。

――ぼくも、紙に手書きが落ち着きます。なじむというか、描いている実感があるというか。
下書きではどの辺まで描くのでしょう?

したがき具合は、そのときによってちがいます。ぼんやり「こんな景色の絵がかきたいなー」っというときは、
しっかりかきこんで全体がかたまってからパソコンです。
あたまの中に、描きたい絵がきっちりしているときは、丸のなかに「くま」とか「いぬ」とか、
かいて忘れないようにメモするだけだったりします。
「紙に手描き」の落ちつきをわかっていただきうれしいです!
どんなにパソコンで便利になっても、かいてる!っていう手ごたえがあるのがしっくりです。

――ほほう。ゆっちょさんの絵を見ていて、
ささっと描いているように見えて実はものすごく丁寧な感じがしていたんですね。
それは多分、「しっかりかきこんでからパソコン」という過程だったのかなあと思いました。
そして描いてる手ごたえの話ですが、たとえば何かを食べるときに物を噛む感触ってあると思うんですけど、
食感も味の一部だと思うんですね。そういう意味で、紙と鉛筆の感触ってやっぱり必要だなあと思っています。

食感~!とてもすてきですね。そういう感触から見る人にホンワカ~ジワ~とつたわるものがあればうれしいです。

制作するときに心がけている、もしくは気をつけているところはどこですか?

わたしは、見た人がたのしくなれるイラストをめざしていて、かいた人の気持ちは、
見る人にも伝わるとおもうので、たのしい気分でかくようにします。
できあがってからは、自分で見て、たのしかったり、笑っちゃうイラスト(ひとりよがりに注意!)になっているかチェック、
それから、さいきんやっと気をつけられるようになったことで、全部のバランスをみる、というのもしています。

――素敵ですね。言われて思い出したのは、ぼくがゆっちょさんの作品ですごく印象に残っているのは、
「第27回CREPOS SELECTION(テーマ:花)」のときの、花飾りをこちらにむけて差し出している女の子のイラストです。
ああいう、見ているこちらもうれしくなるような絵は、ぼくも大好きなのです。

ありがとうございますー。あの絵は、見ているひとをまきこんでいるところが、
わたしもおきにいりなので、そう言っていただけるとうれしいです。
あと、描きかただけじゃなくて、見せかたも工夫できるなっていうこと、いまおもいだしました、ありがとうございます~。

――見せ方って大事ですよね。
どう描きたいかと、どう見てもらいたいかの二つだと思うのですが、
どう描きたいかにかたよるとひとりよがりになってしまいますので、見てもらうことを意識して描くことで
観る人の印象もかなり変わってくると思いますよ。

う~ん。わたしはいつも、どう描きたいか、に走ってばっかりになってしまっているので、
ここはほんとうに見てもらい方もよくよく考えなくっちゃいけません。。
バランス、だいじですね!

どんな時にアイデアが浮かびますか?

よしアイデアだすぞ!とおもってやるときより、おふろにいたり散歩にでかけたり、
のんびりしているときのほうが、たのしいものがひょっこり出てきます。

――ああ、わかります。わかりますよ!ふっ、と思いつくようなあの感じは、
たぶんのんびりしているからこそ出てくるのだと思います。

そうですね~、あとはアイデアとはちがうかもわかりませんけど、ふだんの日常をみながら、
「これがこうだったらいいのに~」って、いつもおもっているものを描いてみることも多いです。

――おもしろいですね~。
どんなときに「これがこうだったらいいのに~」と思いますか??

いちばんよくかいてるのは、髪の毛をいじったイラストです。
アフロヘアーを木やソフトクリームにしてみたりです。
あとは、動物園や水族館の動物をみて、この動物にこれしてみたい!っとおもったりしています。
きりんの首にバンダナやマフラーをいっぱいまきたいな~、とか、百獣のおうさまに、
へんてこなポーズをさせたい!とかです。

これから描いていきたいと思うものはありますか?

これからも、子どもやどうぶつたちを、たのしく描きたいです!

――よいと思います!デジタルではなく、アナログのゆっちょさんの絵が見てみたいと思います。

ありがとうございますー。ときどきアクリル絵の具でかくこともあるのですけど、
なかなか思った色ができなくて、でもそこがおもしろい!の源だったり、
こんな色もいいじゃない!っていう新しい発見があって、
いま探検ちゅうです。パソコンみたいにずんずんできないけれど、そこがとってもおもしろいです。

――絵の具を混ぜるって独特ですよね。パソコンだと混ぜるって概念がそもそもないの
でえんえんと同じ色で塗れたりするのですが、たとえば昨日作った水色が今日作ったら違う水色になってるみたいなことがあったりして、
そういうのを楽しむってすごくよいと思います。

「この色どうしよう~!」っておもっても、完成したら、あらら?いい具合になっていたこともありました(笑)
すこしずつちがっているのがたくさん重なって、一枚の絵になっていくのがたのしかったです。
いまはなかなかまとまった時間がなくてできないですけど、もっと手描きをかきたいです。

この仕事をやっていて良かったと思うことはありますか?

わたしのイラストで、よろこんでもらえたとき、イラストが実際に使われているのをみたとき、とてもうれしく思います。

――よろこんでもらえると、本当にうれしいですよね!
あと実際に何かの誌面に載ってたりすると、よろこびもひとしおだと思います。

そうですね!おしごとではないのですが、わたしも昔、俳優さんの似顔絵をかいたのが
雑誌にのったのを見たときはすごくうれしかったです。
デコメなどのおしごととはまたちがううれしさですね~。
この前、はじめてかんたんな似顔絵やさんをやったのですが、
目の前でよろこんでくれるのがいちばんわたしにも実感があるし、
すぐの反応がみられるのでよかったなぁとおもいました。

――似顔絵やさんはなにかのイベントでされたのでしょうか?
おもしろそうですね!なにより、描いてすぐその人の感想が聞けるって素敵だと思います!

雑貨屋さんの手づくり市に出店させていただいたときです。さいしょはグッズ販売だけだったのですが、
「ちょこっと似顔絵やさん」という、いろえんぴつで、かんたんな似顔絵屋さんをしてみました。
ぜんぜんお客さんこないとおもったのですが、小さい子どもを中心としてとてもよろこんでもらえて、
すてきな体験となりました。目の前でよろこんでもらえると、すごく力になります。もっと修行して、またぜひやりたいです!

辛いと思ったことはありますか?

かいていて、いろいろ迷子になっていくときがちょっと大変にかんじます。

――完成が見えないときですよね。そういうときはどうしていますか?

いままで描いた絵もすきなのですが、そこからちょこっと直していくと、
ナットクできなーい!がどこかにのこってしまうので、ぜんぶやり直すことがおおいです。
しめきりがまだまだ大丈夫だったら、今日はほかのことやーろうっ!っと、
思い切ってあとまわしにしてしまうことも…きぶんてんかん!です!

――行き詰ったときは、まったく違ったことをするのもよいですよね。
あまりに無理してがんばりすぎるとよいものができないような気がします。

そうですねー。気分転換して、イラストにいい「のびのび自由に」がでるのがいいです。
描いていた気持ちは、見る人にもつたわる~!っと、わたしは信じているので、描くときも楽しく!はすごくだいじにします。

影響を受けたり、尊敬しているイラストレーターやデザイナーはいますか?

好きな作家さんがたくさんいます!!とくに、荒井良二さん、の描く自由で大胆でカラフルな絵がすごくすきです。
それから小学校のころからずっとすきな、さくらももこさん。
キャラクターの個性がすごくてみとれちゃいます。
CREPOSに登録されてる方にも、素敵だなぁって思ったり、
こっそりあこがれているイラストレーターさんがたくさんいます!

――荒井良二さんは子ども絵のような無垢な感じがよいですよね!
さくらももこさんはぼくも大好きで、「コジコジ」と「富士山」だけは未だに手元にあります。

荒井良二さんみたいに自由にかけたらすてきだなぁと、いつも思ってます!
ちょっとまえに荒井さんの「日常じゃあにぃ」の本を買ったのですが、
発想も自由で、うっとりし放題になりました。
コジコジはDVDで見ました、みんな個性的で、お話もふしぎでほのぼのしていて、
まるちゃんとちがうおもしろさがあって好きです
富士山はまだ知らないので、こんど見てみたいです。
さくらももこさんは、絵も文章もおもしろくてすてきですよね。

――「日常じゃあにぃ」、気になります!ぼくも探して読んでみますね。
さくらももこさんは、絵も文章も、素敵ですよねー。
「富士山」はさくらももこさんが編集した本で、好きなことをのびのびとされている感じがとてもよいのですよー。
ぜひ一度読んでみてくださいませ。

本なのですね!それにしても好きなことをのびのび!
いつもそんなきぶんで絵がかけたらいいなぁとおもいます。ぜひぜひ!よみたいです。

ペンネームの由来を教えてください。

もともとは、RPGゲームをやったときに主人公の名前につけたものでした。
「ゆ」は、わたしの名前のさいしょの1もじ、「ちょ」は、そのゲームに「サンチョ」っていう、
ぽっちゃりおじさんがいて、ちょっとさえないかんじに、むむ!っと共感して、1もじいただきました。
それで、イラスト活動をはじめるとき、「たのしい絵をかきたいから、たのしい音の名前にしたい!」っておもったときに、
この名前のことをおもいだしました。
ちょこっとまのぬけたひびきが気にいって、そのままつかってます。

――確かにどこかまぬけな印象があるのですが、ゆっちょさんの絵にあっているように思いますよ!
それにしてもサンチョさん、なんだか知っているような気がします。あの、有名なRPGの登場人物ですよね。おひげをはやした。

そうです~!けっきょく、そのゲームも途中なのですが(笑)サンチョさんどうなるのか、いまおもいだして気になってます。
本名は画数がおおくて、すごくまじめな立派な絵をかきそうにみえるので、
親しみのある名前がいいなぁ、まがぬけてるくらいがちょうどいいかなぁっと思っていたところでした。
ローマ字が「uccho」です。ほんとは「うっちょ」なので、ちょっとむりやりだけど…そこもご愛嬌です!

――あまりわき道にそれるのもあれなのですがサンチョさんとあとお供も兵士もいましたよね。
それにしてもローマ字で「uccho」なのもよいと思います!
これからの夢、目標を教えてください。

いま、パソコンをつかうことがほとんどなので、絵の具やお裁縫、などでの手づくり作品も積極的にしてみたいです。
もっとたくさんの人にみてもらうこと、それから個展をしたいです。

――お裁縫、よいですね。なにか作ってみたりしたのでしょうか?
あと個展!開催されましたらぜひ教えてくださいませ。

さいきんは、フェルトでへんてこなマスコットをつくっています!
もともと不器用なので、お裁縫すきではなかったのですが、イラストをかくようになって、
「立体にしたらおもしろそうー!」と作ってみたら、すごく楽しいです。
個展は、わたしの大きな夢のひとつなので、開催になったら、
ものすごく大きく宣伝するとおもいます!楽しい展示にしたいです。

――フェルトのへんてこなマスコット、いいですね~。
個展をされるときはものすごく大きく宣伝されるとのことで、楽しみにしています!
>最近夢中になっていることは何ですか?

大すきだった水族館&動物園めぐりを、このごろまたはじめました!

――お近くに水族館や動物園があるのでしょうか?いいですね~。楽しそうです!

水族館も動物園も車でいく距離です~!どうぶつも、魚も(とくに巨大魚!)すきです。
とくに、水族館のゆったりのんびりして、ちょっと暗いところがここちよくて好きなのです~。
大きい魚もみごたえがあって好きですけど、小さい魚たちもすみっこでおもしろいことをしています。
アイデアがぽん!とでることも多くて、大好きなばしょです。

これからイラストレーターになりたい人へ、アドバイスをどうぞ。

こここ、これは!すごくむずかしいですね!
わたしがやっていること、自分にいっていること、でいいでしょうか。
絵をかいて、みてもらうこと、のくり返しをして、いろんな体験をすることがだいじ!
あと、さいきんおもうようになったのは、「じぶんはじぶん!」という気持ちもだいじということです。
「ひとりよがり」はだめだけど、じぶんのイラストを描いていくぞっ!という気持ちでこのごろ描いています。
お仕事だと、依頼してくれた方のきぼうもあり、そうばっかりいかなくってむずかしいところですけど。。。

――いえいえ、ものすごく大切なことをおっしゃっていただけてありがとうございます!
ぼくも、「自分らしい絵」と「他人から見たときの自分の絵」のバランスって
とても大事なことだと思っていて、特にお仕事をする上では個性と実用性で、大きな力となると思います。

わたしは、いつもはじぶんで納得するイラストがかきたいのですけど、
お仕事は、依頼してくれた方が納得してくれることがいちばんなので、
そのなかでコッソリじぶんが納得できる場所をみつけていくのがおおいです。
でも、じぶんらしさはいつも持っていたい、とおもうので、
これからもわたしらしいまぬけでヘンテコで楽しい絵をたくさんかいていきたいです!

From Staff

ヘンテコでかわいらしい手描きのタッチが特徴の、ゆっちょさんへのインタビューでした。
イラストの感じがインタビューの文章にも表れているとよいなあと思うのですが、いかがでしょうか。
実はゆっちょさんは3年以上前から「CREPOS SELECTION」(ちなみに第10回から)にご参加いただいていて、
時間の経過とともにタッチがけっこう変化していました。
きっと、インタビューでゆっちょさんが語られているように、
その間にヘンテコで楽しい絵を描けるようになるために試行錯誤を重ねてこられたのだと思います。
個人的にはまだまだゆっちょさんのヘンテコでかわいらしい絵がどこに向かっていくのかが楽しみなので、
これからもいろいろとお世話になりますがよろしくお願いいたします。(中尾)

Works

※画像クリックで拡大表示。

「ぼくらの憧れ、まぼろし島」
第41回CREPOS SELECTION
(テーマ:幻)

最優秀賞

「ぃよっ!きまってる?」

第31回CREPOS SELECTION
(テーマ:和)

優秀賞

「Sing a song!!」

第30回CREPOS SELECTION
(テーマ:歌)

優秀賞

「キッスをおみまい!」

第29回CREPOS SELECTION
(テーマ:女の子)

優秀賞

「おはなかんむりフォーユー!」

第27回CREPOS SELECTION
(テーマ:花)

優秀賞

「リピート・アフター・センセイ!」

第25回CREPOS SELECTION
(テーマ:くりかえし)

優秀賞

「よるのおはなし。」

第17回CREPOS SELECTION
(テーマ:夜)

優秀賞

「名物なかよしコンビ」

「カレーdeヨガ」

「ぼく、プール」

「クマリブレ」

USING TOOLS

Photoshop CS2
ペンタブ
ノートとボールペン

Recommended BOOKS

宮沢賢治
さくらももこ
伊坂幸太郎
東野圭吾

Recommended MUSICS

THE BEATLES
THE FRATELLISをいつもきいています。
元気がでます!

Recommended MOVIES

アメリ
ノートルダムの鐘
レザボアドッグス
天空の城ラピュタ
スナッチ

Profile

ゆっちょ
イラストレーター

→ポートフォリオ
→Website
静岡在住。
2008年からイラストレーターとして活動しています。
たのしく、ウキウキする気持ちで、ちょこっと、
へんてこなイラストやキャラクターを、のんび~りかいています

Special Creator TOPへ戻る