2012/08/07 更新

テーマ「海」で募集した「第46回CREPOS SELECTION」は、87点のご応募をいただきました。ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございます。


・最優秀賞
・好感度
・テーマ性
・完成度


最優秀賞

ajicoさん 「眼前の世界」

■コンセプト
焼きつくほどに鮮明な、その世界におぼれる

■スタッフより
海の中にいるのに、水中メガネの中にも海が!実は水中メガネの中にあるよりもずっと、女の子の眼前に広がる海のほうがより素晴らしいのかもしれません。そんなことを想像させてくれるとても素敵なajicoさんの作品です。
色使いもさわやかで、イラストもかわいらしくて、個人的にも大好きな作品でした。ajicoさん、最優秀賞おめでとうございました!(中尾)


ajicoさん イラストレーター/グラフィックデザイナー

何かを感じてもらえる不思議な雰囲気や、思わずきゅんとする世界観を目指しています。 HP:http://whoopeei.com/




優秀賞

百-hyaku-さん 「Underwater dinner」

■コンセプト
悪魔と猫の深海レストランでのディナーデート

■スタッフより
魚が好きな猫のお嬢さんとだから深海デートなのでしょうか。
一体どんなレストランなのか、二人はどんな関係なのか、いろいろ気になるシチュエーション。面白い形で「海」を描いてくださった百-hyaku-さんの作品です。
寒色と暖色のコントラストや、ウェイターの光の効果が印象的。イラストとしての完成度が非常に高く、目を引かれました。
奥の魚たちも実に丁寧に描かれているのですが、同系色のみでまとめることで、きちんと背景として見せているバランスが見事です。(成尾)

よねこめさん 「オオモノ!?」

■コンセプト
引きが強い!夕飯はごちそうに決定!?

■スタッフより
一見するとトリックアートのようなよねこめさんの作品。
実は住んでいる島自体もお魚さんだったなんて…。この猫さんがそれを知ったとき、どんな風に驚くのでしょう。でもこれがこの猫さんの世界の全てなら、あまりに存在が大きすぎて気がつかないのかもしれません。
惜しい点を挙げるとすると、イラストとしてはすごくおもしろいのですがテーマになっている海っぽさが感じられなかった点です。海の深さや大きさを表現することで、こんな大きな魚もいてその上で生活する猫もいるんだよ、と言った見せ方だとよかったのかもしれません。(中尾)

Eskaさん 「伝承される海洋譚」

■コンセプト
強風にあおられ、てっぺんから砕け散る様は、まるで、そう、幾千の馬どもが崖からなだれ落ちるようだったと──。人智を超える自然の力を、人間は自分たちの知っているものに置き換え、そして神格化していったのでした。

■スタッフより
作者Eskaさんからのコメントに「人智を超える自然の力を、人間は自分たちの知っているものに置き換え、そして神格化していったのでした」とあります。
大迫力のイラストから、当時の人と自分を一瞬、重ね合わせてしまいました。自分の力ではどうにもならない自然の驚異。大海原の中に神の力を感じずにはいられなかったのではないでしょうか。神格化した動物は壁画に残され、やがて紙に印刷され本になる。伝承は続いていく。そんな、遥か昔から今もなお続くストーリーを感じた作品でした。(杉本)

大瀧円さん 「海中ライブ」

■コンセプト
俺たちゃプロのバンドマン。火の中でも海の中でも最高のライブを見せてやるぜ!

■スタッフより
これぞバンドマンの鑑。まさか海中でライブ演奏を行なうとは。
この驚きの組み合わせが大瀧さんならではの世界観だ!と実感する作品です。
ちゃんとマイクの手前にゴボゴボと泡が出ているリアル感が素晴らしい。
北斎の絵のような色調にしっかりとした描きこみ、浮遊感のある動き、新しい時代の音が聞こえてくるようです。(永田)

横尾飛鳥さん 「見つけた…!」

■コンセプト
青い海の中、カラフルでキラキラ輝くたくさんの者の住みかサンゴ礁。幼い人魚姫が美しい宝石のようなサンゴ礁の場所を見つけた時のワクワクした表情を描きました。

■スタッフより
珊瑚やイソギンチャクの影からピョコッと出た、小さい人魚姫の表情がとても可愛いです!
人魚姫の周りに居るウミガメや熱帯魚も楽しそうに泳いでいて、海底の世界に思いを馳せるとほんわかとした気持ちになれます。
左上から差し込む光の描き方や、カラフルだけど優しい色使いが素晴らしいです!
ウミガメの甲羅やイソギンチャクの触手一本一本まで丁寧に描きこむ丁寧さに脱帽です♪(森)

SAKAMOTTIさん 「プリンセスへのプレゼント」

■コンセプト
魚のお友達が、プリンセスへ指輪のサプライズプレゼント どこからか拾って来たのかな?

■スタッフより
前回に引き続いてSAKAMOTTIさんの講評を書かせていただきます!
前回に比べるとぐっと大人っぽいテイストになってSAKAMOTTIさんの懐の深さをうかがい知ることができます。 大変素晴らしい出来上がりなのですが、プリンセスさんの指輪をなくしていたことがちょっとわかりにくいかなと思いました。魚さんの「見つけてきたよ!」か「探していたの!」かどちらか、あるいはそのどちらもがわかりやすく絵の中に収められていればよかったかなあと思います。(中尾)

山中裕児さん 「Over the Waves」

■コンセプト
翼をもたぬ鳥類と、脚をもたない哺乳類、海中旅行を思い立ち、ともに東の果ての海に来て、富士山見ようと顔出した、クジラに飛ばされペンギンが、自由の利かない空を飛ぶ。

■スタッフより
葛飾北斎「富嶽三十六景」をオマージュとしながら、ユーモラスな動きを加えて今っぽく仕上がっているのが楽しい作品です。
「旅」に来ている設定ならばリュックなりカバンなり風呂敷包みなりそれらしい道具を身につけていると良かったかもしれません。
動物の描画表現が得意な山中さんならではの安定感のあるデッサンで大柄な鯨と空中に浮かんだ(飛んだ?)ペンギンの対比が秀逸な作品です。(永田)



入選

画像をクリックすると拡大表示します。

Keiko Kurodaさん 「みんなで行こう」

■コンセプト
海は、みんなで行くのが楽しいですね。わたしはカナヅチですが、海には毎年行ってます。泳げなくても、楽しいです^^

■スタッフより
恋人とふたりで行く海も楽しいけれど、大勢で行く海は格別!男の子と女の子と動物たち。ゆかいな仲間と行く海はきっと楽しいに違いない!!スイカ割りして、ボートに乗って、お腹が空いたらトウモロコシをみんなで食べる。ちょっと疲れてきたらパラソルの下で一休み。楽しい夏は一生の思い出に残ります♪ちなみに、私はカナヅチです。だからといって海が嫌いじゃないです。カナヅチなりにビーチで楽しく過ごす方法があるんですよね。このメンバーと一緒に海に行けたら絶対に楽しいだろうなと想像してしまいます。(杉本)

佐藤慧さん 「ぼくたちの海」

■コンセプト
たくさんの魚たちの泳ぐ海を爽やかさと透明感を意識して表現しました。

■スタッフより
海の中の様子を描いてくださった佐藤慧さんの作品。
ひとつの画面にたくさんの生物が詰め込まれていて、水族館に再現された海を見ているような気持ちにさせられます。
描かれている魚たちの動線が、様々かつ互いに邪魔しない構成になっているのが見事。元の生物を丁寧に観察してデフォルメしている印象を受けました。
色彩にも、奥行きとまとまりがあって素敵です。本物の魚たちのように、ずっと眺めていたくなる一枚です。(成尾)

きりりんさん 「遭難」

■コンセプト
あまりにも助けが来ないので、KIOSKをはじめました。今日もいい天気です。

■スタッフより
"遭難"という厳しい状況に対して、開き直ってお店を開くという発想が面白いです。
この KIOSK で儲かったお金はどこで利用するのか?売り物やお店の設備は流れ着いたモノなのか?"SALE"の看板を掲げるリスは一緒に遭難したのか?サメが使おうとしているお金はどこで手に入れたのか?などなど、色々な想像を掻き立てられます!
"海"と"空"という青一色になりがちな構図のなか、白い雲のバランスが絶妙です!(森)

さとこさん 「海水浴」

■コンセプト
早くいこうよ!!

■スタッフより
シンプルなイラストから“早く海に入りたい!”という気持ちが伝わってくる1作でした。私も子供の頃、海水浴場の最寄りの駅や、車を止めた駐車場から浮輪を装着して海までテクテク歩いていました。一刻も早く海で遊びたい気持ちが抑えられなくて。子供ならではの、そんな心情を捉えてる作品だと思います。線も色味もとてもシンプルなので、余白から想像力を掻き立てられます。女の子の目線はカニに向けられていて、この後、しゃがみ込んでカニと遊んだのかも。右腕のバケツにカニを入れたのかも!想像が止まりません!!(杉本)

yanさん 「あそぼうよ」

■コンセプト
楽しそうに海で遊ぶ動物たちにまざりたくて姿を現した海坊主と、びっくりする動物たち。

■スタッフより
ゆるーい空気に頬も緩んでしまう、まったりと楽しいyanさんの作品です。
巨大な海坊主に驚く動物たち、陸のものも海のものも、はたまた河童まで!?それぞれ楽しく過ごしているところがいいですね。個人的には、なかでもシロクマの表情と、ウシの脱力感に大変ひかれました。
画面の手前に少し散らかった印象があるので、奥のキャラクターのように、視線や配置の中心を海坊主に向けてまとめてあげると、より画面が引き締まったように思います。(成尾)

つだんぼさん 「うみのいえ」

■コンセプト
およぎつかれたら、いつでもおいで

■スタッフより
選考の際に、"うみのいえ"というタイトルを先に見ていたので、「ああ、なるほど、確かに"うみのいえ"だ!」と良い意味で期待を裏切られる作品でした。
全体的な淡い色使いが、縁側?に座る老人の優しさをも表しているようで、とても癒やされます。
細部に目を凝らすと、屋根や魚のウロコの繊細な色の塗り分けに目を奪われます!
自分も、大きな巻き貝に窓や屋根を付けて暮らすようなエコな老人になりたいです!!(森)

小森のぐさん 「ライムソーダの誘惑」

■コンセプト
しゅわしゅわライムソーダの海に 飛び込みたくてソワソワ

■スタッフより
ライムソーダを海に見立てた小森のぐさんの作品。氷やライムのデフォルメ具合が涼やかで素敵です。
浮き輪のように抱えたストローが、海とライムソーダを結びつけるのによい役割を果たしています。
ソーダの緑色が目を引く分、やや「海」という要素が薄くも感じられました。
もっと画面を広げて、水平線と空、あるいは砂浜の風景などを入れてあげると、この色彩のままで、より「海」を表現することができたのではないかなと思います。
爽やかな匂いのする、夏らしい作品ですね。(成尾)

Isseyさん 「磯」

■コンセプト
怒涛の波に海鳥が舞う

■スタッフより
迫りくる怒涛の荒波は日本海の風景でしょうか。
波間を縫って飛ぶ海鳥の羽音や波音が聞こえてくるようです。
眺めていると緊張感が張り詰めていて「隙」がない印象です。
「イラストレーション」として見てみるとユニークさや、ある意味での「隙」を読み解く面白さが欲しいと感じました。(永田)

いわにしまゆみさん 「海のなかは。。。。」

■コンセプト
海の中は実はとってもカラフルな世界!鮮やかな海、大切にしなくちゃね。。。

■スタッフより
色とりどり、細やかな構成が美しいいわにしまゆみさんの作品。大きく描かれたお魚さんは潜水艦なのでしょうか。窓から見える海の光景が気になるところです。
ただ、海と言うよりはむしろお魚さんとお魚さんの中にいる人たちが主題になってしまっていて、そうするならば絵の中の人たちの楽しさはもっと伝わるようにしたほうがよいのではないかなと思います。たとえば3人のうち1人は景色に夢中になっていたり、海の中の生き物たちと遊んでいたりすることで、観ている人に親近感を持たせられるのではないでしょうか。(中尾)



最終選考

画像をクリックすると拡大表示します。


月兎耳さん
「今日からおともだち」


大神一馬さん
「海の魔法」



秋花さん
「海の魔女」


sumiさん
「君と船の上」



カズ咲夢詩3964さん
「秘密の海」


伊藤彩恵子さん
「きらきらひかる」



山本啓太さん
「防波堤」


アヤブーさん
「海柄少女」



YouYarn Picturesさん
「跳躍」


dplusさん
「遠い記憶」



卯月さん
「Sea Wind」


はしもと ゆみさん
「くじらはよるをおよぐ」



mii.さん
「落し物」


マォさん
「深く、どこまでも深く」



つゆこさん
「生命の海」


なせつさん
「WhaleOcean」



akkyさん
「頭のなかの海」


平井サキさん
「南の星空」


総評

テーマ「海」で募集した第46回目の「CREPOS SELECTION」は、92点のご応募をいただきました。ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございます。

「夏」ということでベタなテーマも行ってみたい!ということで、募集テーマは「海」となりました。今回は100点近い応募があり、どれもキラ星のように素敵な作品ばかりでとても感激です。

最優秀賞に選定させていただいたajicoさんの作品は、夏っぽいさやわかな色使いで描かれた、水中メガネの中にも海があるおもしろいしかけのある絵です。
女の子が実際に見ている景色は絵を見ているぼくたちには見えないのですが、水中メガネの中に構築された小さな海でそれがとても素敵なものだと想像できるところがとても素敵です。
女の子の驚きが感じられるのもすごくよいと思います。個人的な好みになりますが、女の子の驚き、つまり絵から感情が伝わるような作品は、とても好きです。

感情が伝わるということは、何かしらの物語がその絵の中にあって、その前後を想像させられるからです。絵を観て「どうしてそうなったの?」「そのあとどうなるの?」と感じるのは、感情移入ができるからで、そうなることで、観る人は、よりその絵を好きになるのではないかなと思います。

描く絵を、観ている人にどう感じてもらうかということにもつながってくるのですが、総評があまり長くなると収まりがつかなくなりますので、それはまた別の機会と言うことで、今回の総評を終わらせていただきたいと思います。(中尾)



募集中のコンテスト

現在募集中のコンテストはありません

CREPOS SELECTION
【PR】森のえほん館オープン!



CREPOS TOP

PAGE TOP