2010/06/08 更新

テーマ「星」で募集した「第28回CREPOS SELECTION」には、87点のご応募をいただきました。ご参加いただいたクリエーターの皆さま、本当にありがとうございます。


・最優秀賞
・好感度
・テーマ性
・完成度


最優秀賞

たかはしゆきこさん 「あかるい夜釣り」

■コンセプト
みなもに映っている星を釣って、生計をたてているひと。

■スタッフより
水面に映る満点の星空。今夜は大漁のようです。
水に映った星や月を手ですくって、「お星さまを捕ってきたよ!」と言っていた子どものころを思い出す、とてもロマンチックな作品ですね。
そんなたかはしゆきこさんの作品の優れているところは、空の描写がほとんどないのに、きれいな星でいっぱいの空を想像できるところです。そしてそれを見てもらうかのごとく、あえて水面を広くとった構図が素晴らしいと思います。たかはしゆきこさん、最優秀賞おめでとうございました!(中尾)


たかはしゆきこさん アニメーションクリエイター

北海道在住。
アナログ画材とデジタル技術を融合させ、自然や動物、食べ物などを描く。
アニメーション作家活動しながら(http://www.youtube.com/watch?v=m4vHFpd3HIs
イラストや映像の仕事も平行して行ってます。
HP:http://kocka.xxxxxxxx.jp/




優秀賞

CEMさん 「星の雨はおいしい」

■コンセプト
食いしん坊な女の子、マルタのお話です。空から星の雨が降ってきて、ちょこっと味見。あまりにもおいしかったので、たくさん欲しくなってしまいました。傘やバケツを使って集めたたくさんの星を、いただきまーす♪楽しくてお腹が空いてしまうようなイラストを描きました。

■スタッフより
星を食べるという発想に驚きましたが、1コマ1コマ丁寧に描かれていて、楽しい気持ちになりました。
小物を使った食いしん坊の表現がとってもキュートですね。
そしてどんな味がするのか凄く気になります。特にグラスに入っている星!マルタが美味しそうに食べるから、僕もお腹が空いてきてしまいました。(関谷)

猫丸さん 「君に星を。」

■コンセプト
夜空くん、まっくらでさみしいだろうな。だからボクたちから君に星をプレゼントするよ。気に入ってくれるかな?

■スタッフより
見上げた空に見つけた星たちは、もしかしたらこの熊やペンギンたちが置いていったものなのです。もし、星がいつもより少しだけ輝いていたら、それは夜空の笑顔なのかもしれません。
そんな、猫丸さんの作品は、空に星をプレゼントする様子を客観的に捉えた横からの構図が印象的で、地面の氷(雪?)の明るい色が、空の暗い色に対するあたたかみややさしさを表現しているようにも見え、大変素晴らしい作品に仕上げられています。
欲を言えば星がきれいに並びすぎているので、ちょっと傾いていたりと配置にもうちょっと遊びがあってもよかったのかなあと思います。(中尾)

天柳さん 「だから僕は旅に出た」

■コンセプト
星というお題を見たとき、天の川の中で漂う人の姿が浮かびました。
天の川の上流を目指す旅人を描きました。

■スタッフより
今回個人的にイチオシしたい、幻想的な夜空を描いた天柳さんの作品です。夜空の描き方が本当に美しい!この青の構成に心奪われました。
光の道のような天の川を悠々と泳いでいく生物たち。それを一人見上げる旅人。天の川の上流には一体何が待つのか。何があるのか。天柳さんの描く幻想世界は、本当に人の心を惹きつけるものだと思います。下の樹木を描かない場合は、この作品に別の世界観が生まれそうですね。
ポストカードにしても手放したくなくなるような、そんな素敵な作品です。(長尾)

ヤヒロさん 「星の輝く丘」

■コンセプト
星が綺麗に輝く夜。二人で高い丘に登って夜空を眺めていたら流れ星が!という、イメージて描いてみました。

■スタッフより
なんという星空の美しさ!吸い込まれそうです。本当に綺麗な星空って真っ黒じゃないんですよね。
ヤヒロさん、相当夜空好きなのでは?そうでなければ、この色合いは出せないはず!
画面構成をもう少し冒険して欲しい気もしますが、ロマンティックな満点の星空は存分に表現されていると思います。(藤田)

マスダアキさん 「昨日見た夢」

■コンセプト
「空にはクジラが。きらきらと星が落ちてきて。僕はその星で魚を釣ろうとしたんだ。こぼれた星は、街に落ちて、きれいな明かりを灯していたよ。まるであの絵本みたいなんだ。」

■スタッフより
月に乗りながら、お星さまで魚を釣っちゃう。後ろには大きな鯨も気持ちよさそうに泳いでいる…そんな夢の中の世界を描いていただいたマスダアキさんの作品です。「夢」の世界がやさしいタッチで表現されています。
個人的に、この作品の滲みの表現が好きです。お空の幻想的な雰囲気と、地上の現実が青と赤によって分けられている事も深いと感じました。
「夢」自体もさる事ながら、夢見る街並みも素敵に表現されている作品ですね。(齊藤)

miyuartさん 「流れ星捕獲☆」

■コンセプト
ぴょこたん、ついにやりました!あれ程みんなから「星なんかつかめるもんか」と言われたけれど、流れ星を追ったらほら!みつけたよ。星って、イボイボでザラザラで少しふにゃっとしてる。お星様、お空の話を聞かせてね。

■スタッフより
絵本のワンシーンのように完成度の高い、miyuartさんの作品です。コンセプト内容にもあるように、この一枚にmiyuartさんの物語がつまっています。
「あららつかまっちゃった」という星の表情がなんともいえないかわいらしさですね!クマの得意げな顔もカワイイ♪
宇宙の描写のキレイさにも目を惹かれました。青の扱いがとても丁寧で美しいと思います。
イボイボでザラザラな星……人によって星のイメージは様々。
自分は子供の頃どう想像していたのかな?と回顧にひたれる作品でした。(長尾)

JamiCricketさん 「キミとボクと星空と…」

■コンセプト
都会ではなかなか夜空を見上げて星をみることはないけどきっと星は見えるはず。仕事で疲れたり悩み事がっあったり行き詰まることがあったら少し都会から離れて小高い丘の上から見上げてみれば星空に癒され明日から頑張ろうって思えるはず。隣に大切な人がいたら最高ですね!

■スタッフより
以前最優秀賞に選ばせていただいた作品も、イラスト+Flashという形態でしたが、個人的にはこちらの作品の方が評価されるべきでは!?と思っていたりします。 というのも私も一時期、自分の描きたいものをFlashとイラストレーションの融合で表現するにはどうしたらいいのかと考えていたことがありました。
動きのキャッチーさに囚われ過ぎてFlashが悪目立ちしたり、そもそもFlashを使う必然性がなかったりして、イラストとしての完成度が高められず自分内企画は終了していたのですが、今回のJamiCricketさんの作品を見て、こうすればよかったのか!と膝を打ちました。このイメージを表現するならこの描き方より他にありえないと思います。
それにしてもいい絵ですね。しあわせなせつなさを感じて、ちょっときゅんとしてしまいました。(秋山)

ANCOIさん 「TANABATA」

■コンセプト
もうお別れの時間。次に会えるのは1年後…。乙姫様の目からこぼれた涙のしずくを、彦星様がギターに変え、彼女に差し出した。「会えなくても、キミの弾くギターの音色はいつだってボクに聞こえるから!」

■スタッフより
キャラクターコンセプト、デザイン共に完成度の高いANCOIさんの作品です。
ANCOIさんの作品は、常にデザインテイストに歪みがないですね!
カワイイキャラクターはもちろんですが、配色のバランスやキーカラーなど、ANCOIさん独自のセンスが光っていると思います。
織姫と彦星の間にギターを持ってきたというのも斬新ですね!表情はどことなく切なくても、星型ギターのおかげで作品が少し明るいイメージに♪
これからもこのままANCOIさんテイストを突っ走って頂きたいです!(長尾)

ニダイさん 「★SS」

■コンセプト
大好きな星がお題だったので好きに楽しく・カラフルに作製してみました★星に関わるものが出てきたりと、ポップで楽しいです★見ている方が楽しい気持ちになれば嬉しいです★

■スタッフより
ポップカラーで元気をくれる、ニダイさんの作品です。
Flashで構成される、ゆっくりとした星座の流れと流星群。星にのって次々と現れるキャラクターたち。
ニダイさんの星に対する想いが作品の中で爆発している感じですね!
アニメーションの動きとカラーの変化が上手い具合にマッチしているのも、ニダイさんのFlashセンスが光っている証拠。途中で星からおっこちちゃう、うさぎさんの行方が気になります~(笑)
コンセプトにもある通り、見ている方が楽しくなれる作品だと思います!(長尾)

maikoさん 「星遊び」

■コンセプト
想像力豊かな子供たちにとっては何にもなかった地面も歩いて、跳んで、つついて、ほら、たちまちカラフルな星空に早変わり!

■スタッフより
水彩のやわらかなタッチと、子供達のかわいらしさが大変マッチしています。
子供達の自由で豊かな発想力が、見事に表現されていて、絵本のワンシーンのよう。お兄ちゃんの後姿が特に秀逸で、デッサンを積んでいなければ、なかなか描けない角度ですよね。描き慣れている印象を受けます。
惜しい点は、地面に描かれた星空が、四角く、くっきりしすぎていて不自然な点です。ぼやかしたり、丸みを出した方が、より自然で、宇宙っぽい雰囲気になるのでは?と思いました。(藤田)

ときた ひとしさん 「天の川」

■コンセプト
子どもの頃を思い出し夜空の星をシンプルに表現してみました。

■スタッフより
「星」というテーマを、子供の頃に誰もが抱いた星空への憧れというかたちで、ストレートに表してあり何だか暖かい気持ちになる作品です。
全体の構成も人物が引き立つ配色になっていて、天の川も美しく表現されています。
実は七夕の笹の細かい部分や陰影の描き方など細かいクオリティがキッチリしているために全体が美しくまとまっていますね。さすがだな、という作品です。(永田)

ebisawa ryosukeさん 「スターダスト・オーシャン」

■コンセプト
ここは、空を流れた星たちが浮かぶ星屑の海。おや、誰かが釣りを楽しんでいるようです。彼はこの不思議な世界の旅人。人は彼のことをプリン氏と呼んでいるようです。

■スタッフより
なによりも印象的だったのが、星に腰掛け釣りを楽しむ“プリン氏”…!!
作品を最初に見たときは、プリンみたいな頭で独特な人物の描き方だなぁ…と思っていたのですが、コンセプトに“人は彼をプリン氏と呼んでいるようです”という一文があり、「間違ってなかった!」となんだか嬉しくなりました(笑)
エサである星に色とりどりの魚達が集まってきているのも微笑ましいです。なんだか、時間がゆったりと流れているような印象でシンプルな構図ながら、インパクトのある作品だと思いました。(廣瀬)



入選

画像をクリックすると拡大表示します。

Maluさん 「星占い」

■コンセプト
コンセプトは星占いです。自分の幸運をさがしている風景をイメージしました。

■スタッフより
アールヌーボー風のイラストに星占いのモチーフを入れて、不思議な雰囲気を表現していただいたMaluさんの作品です。
星占いをしながら、星を手に取る影絵のような人物…。この人たちは神様や天使のような存在なのでしょうか。
人の運命を変えるそんな深遠なテーマを「星」というテーマから連想した事がすごいですね。
テーマもさることながら、そのテーマを損なわない作品クオリティとイメージも素晴らしいと思いました。(齊藤)

tsutaさん 「夜の準備をしよう」

■コンセプト
夜には欠かせない「星」。夜を迎えるために、空に星を飾り付ける役目をしているカエルさん。大きい星、小さい星、輝いている星、どこにどの星を配置するかはカエルさん次第。一仕事終えたら、ゆっくり星空を眺めるのがカエルさんの楽しみです。

■スタッフより
「星」の飾りつけを準備するカエルが印象的でファンタジックな作品です。
全体に淡いタッチで描かれていて作者の方の優しさや穏やかさが絵に表れています。
少し気になったのは絵の「解像度」が低いのかな?と感じた部分です。絵を大きくしたときにデジタルのドットがそのまま出てしまうので少しもったいなく感じました。
また、淡いイメージでまとまってはいるのですが、全体に同じトーンになっていて、若干色が濁っているようにも見えたので、星を発色の良い黄色で描いたり、またはカエルをそのようにしたり、見せたいポイントに焦点を当てて色のメリハリをつけるともっと良くなると感じました!(永田)

サラヤさん 「星空の鍵盤」

■コンセプト
眩しい程に輝く星空は、まるで歌でも歌っているかのようです。耳を澄ませば聞こえてくる星たちの音楽。そんなイメージで描いてみました。

■スタッフより
鍵盤から聞こえてくる音は頭の中で静かに響くような、透明感のある金属的な音が想像でき、神秘的でありながら現実味も漂っていて、独特の世界感があると感じました。
空の中にいるような空想的な印象を最初に受けたのですが、鍵盤の上を軽やかにゆく少女が制服姿だったので現実に引き戻されたような気持ちになり、不思議な後味が残る作品だと思いました。(廣瀬)

坂モトさん 「お風呂で☆!?」

■コンセプト
お風呂でうとうとうたた寝してたら、いつの間にやら浴槽が星でてんこもり!星形星人の襲来!?そんなおもちゃ箱のような楽しいイメージを目指して描きました。

■スタッフより
湯船に星が降ってくるなんてとても詩的で素敵な作品ですね。
POPな作品ですが夜をイメージする青を基準に、黄色とマゼンタで色を絞って表現されていることで全体がまとまったリズム感を生み出しています。
中心にいる人物が性別や表情のインパクトや手の動きなどで性格がわかるようにすると、より物語性が出てきて絵に読み解く深みが出て来るように感じました。
個人的には坂モトさんの他の作品も見てみたいですね。(永田)

ettanさん 「ほしふるよる」

■コンセプト
いつもは届きそうで届かない星。でももしかしたら星だって仲良くなりたいとおもっているのかも。。なんて考えながらたくさん貼っていきました。

■スタッフより
かわいい絵です。色合いもキュートかつロマンチックで、とってもいいと思います。
惜しむらくはコメントにあるような素敵なエピソードが今ひとつ生かしきれていない点でしょうか。絵本のように素直で愛らしいテイストの画風なので、もうちょっと具体的に物語を盛り込んだらまた面白くなるんじゃないかな、と思いました。
ねこと仲良くなりたい星たちが、持ち場を放棄してねこの周りに集まっちゃって、右と左で画面の明るさが違って羊さんびっくり!みたいな感じにすると、物語性が出て可愛くなりそう!
絵本のような愛らしい画風を活かすという客観的な視点を取り入れたら、きっともっとよくなると思います!(秋山)

Tachinoさん 「Let's find ST★R!!」

■コンセプト
都会の空は最近ではほとんど星が見えません。でも実はこんなに星があるんですね。6月の北の空に広がる星座をゆるめのイラストで実際の位置に並べてみました。昔の人は、動物や人がこんな風に空に浮かんでいることを想像して物語を作っていたんですねぇ。楽しそうです。本当はこんなににぎやかな星空が広がっていることを想像してもらえたらと想いつつ作成しました。晴れた夜に星を探してみてはいかがでしょうか?

■スタッフより
とても綺麗な色使いで、スケールの大きい星を描いてくれたTachinoさんの作品。
星座を実際の位置としている事にもこだわりを感じます。Flashで表現された世界は本当に綺麗で、星のゆらめきが見ていて心地良いです。
こんなに素敵な夜空を見ないなんて勿体ない!たまにはじっくり星を探してみたいものです。(関谷)

はぎわらゆいさん 「星空に乗って」

■コンセプト
星空に乗って ゆらゆら ゆらゆらまったり 夜空の空中遊泳です

■スタッフより
水彩のタッチで制作いただいたはぎわらゆいさんの作品です。星が傾くときにうさぎたちが移動する、その「タメ」にこだわりを感じます。
縦長の構図に対して横やナナメの動きが大きいので、見る方の視点も自由に動き回れて楽しいです。ぜひ今後とも素敵な作品を作り続けてください!(木村)

きりりんさん 「星座」

■コンセプト
星座にはそれぞれ物語があるそうです。そんなことを考えて描きました。

■スタッフより
実在する星座だけでなく、いろいろなモチーフや文字がちりばめられているのが楽しいですね。大きな星座と小さな星座、空の色に流れをつくることでグッと奥行きが広がっています。さらに、左側に少しだけ出ているおうし座が右寄りの構図を支えるアクセントになっています。絵画として、構図を楽しめる作品だと感じました。(木村)

ヒシダヨウコさん 「星空ココア」

■コンセプト
寒色を中心に使っていますがあたたかみを感じられるような色使いを気をつけました。よろしくお願いします。

■スタッフより
ヒシダヨウコさんの作品。タイトルにもなっている星空ココアはきっとあたたかくて、甘いのです。それをいざなうかのように沸き立つ湯気と、チュッパチャプスをかたどったテーブル。あえてほとんどが寒色で占められているのですが、マグカップなどにワンポイントで暖色が使われていてほどよいアクセントになっています。
ただテーマ性がちょっとわかりにくいかなあと思います。画面下を泳ぐ星柄のくじらも、もう少し意味を持たせてもよかったのかなあと。(中尾)

イケダアユミさん 「shootig star」

■コンセプト
みんなの願いが叶います様にと、天使が星を流している…そんな物語をイメージしました。

■スタッフより
淡い色をした星は、まるでこんぺい糖のようになんだか見てるだけで幸せな色合い。
チャーミングな天使の髪にも星が散りばめられていて、暗い色との対比がなくても、作品自体がキラキラと輝いているように思えます。
イケダさんの作品は、テーマが何であろうと独自のカラーをお持ちなので、毎回イケダさんの作品だとすぐわかるということが強みであり、魅力の1つだと感じました。(廣瀬)

おおで ゆかこさん 「Stardust」

■コンセプト
宇宙の星くずに思いを馳せる男の子です。ベッドの星柄が、足下の広い宇宙までずっと続いています。いつかあの宇宙まで飛んでいけるといいね。

■スタッフより
子供の想像力が、現実を塗りつぶしていくような表現に夢を感じます。
彼の中の壮大な宇宙が、次々と星屑を作り出し、それらは銀河となって彼を待っているのでしょうか。
一つ一つのオブジェクトがやわらかいタッチで描かれていて、とても雰囲気があって素敵ですね。(関谷)

MIWA★さん 「ぼくのお星さま。」

■コンセプト
暗い帰り道、夜空を見上げてキラキラと光る星たちに気がつくと「あっ手のひらで掴んでみたい…」と思った幼い日を思い出しました。そんなピュアな気持ちを込めてカラフルに描いてみました。

■スタッフより
カラフルな色使いで元気いっぱいの男の子が星をつかむシーンを描いていただいたMIWA★さんの作品です。
男の子が空に手を伸ばして星をつかまえた!そんな嬉しさやワクワク感がこちらにも伝わってきて思わず顔がほころんでしまいます。全体の色とりどりなカラーリングもイラストのイメージにピッタリですね。
色鉛筆で描かれた全体のイメージが個人的に大好きな作品です!お星さまの目の中にも小さなお星さまの輝きがあったりと、小さなこだわりを感じました。(齊藤)

gatyaさん 「Charisma」

■コンセプト
幼い頃に誰もが思い描いたスター、スーパーマン。自分がなったと想定して制作しましたので表情が自惚れ交じりです。「やっぱり僕しかいないでしょ?フフフ・・・」要素満載です。

■スタッフより
人物の「どや顔」がいいですね(笑)
黒の背景に黄色い星がパリッと目立ちますし、gatyaさんの意図なさったコンセプトがこちらにもわかりやすく伝わってきました。今後、人物や服の描写を「ヘタウマ」風にデフォルメしていくのか、リキテンスタインのようにリアルに近づけていくのか、gatyaさんのさらに進化した作品をまた拝見したいです。(木村)



最終選考

画像をクリックすると拡大表示します。


douzenさん
「星空」


あゆみさん
「ポケットいっぱいの星を釣ろう」


有示さん
「大空キャンバス」



黒埼さん
「周回軌道」


おがわゆきこさん
「with star」


shonさん
「キラキラ星に宇宙旅行」



おからさん
「星に願いを」


ヤスさん
「星」


ももろさん
「逃亡」



ちびきせきさん
「ほうき星」


backgardenさん
「星に願いを」


タノさん
「星の海の冒険」



YOCOJIWAさん
「星降る夜に…」


A-neさん
「宙族館」


KOSHOさん
「星の樹」



ゴズさん
「ほし型クッキー」


cakeさん
「星空飛行」


yupiさん
「星までジャンプ」



yohkoyさん
「月と星と僕の靴」


tabun。さん
「りゅうせいぐんがきた!」


YUDAI9℃さん
「きらきら」



もけらさん
「こんぺいとうの夜」


kionさん
「無題」


ミナカミケイさん
「流星群と共に」



白悠裟也さん
「星間飛行」


yoccana.さん
「昔はもっとよく見えたんだけどね…。」


☆KEITA☆さん
「たまご星☆」



総評

テーマ「星」で募集した「第28回CREPOS SELECTION」には、87点のご応募をいただきました。ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございます。

ちなみに、今回の「CREPOS SELECTION」は、非常にレベルが高かったです。審査員が変われば他の作品が選ばれていたのでは…、と感じたくらいに素晴らしい作品がたくさん集まりました。優秀賞に選ばせていただいた作品も、入選とさせていただいた作品も最終選考まで残った作品も、残念ながら掲載できなかった作品も、審査員を真剣に悩ませてくれました。なのでいつもより作品を多めにご紹介させていただいています。

そんな中、たかはしゆきこさんの作品を最優秀賞とさせていただいたポイントは、ほとんどの方が空に散らばるたくさんの星を描いていただいた中で、水面に映った星空を描いたところでした。
個別のコメントにも描かせていただいたように、あえて水面を描くことによって、観る側は絵の中には描かれていない星空を想像します。それは、絵の画角の中だけではとどまらない無限に広がる星空です。
絵の中にすべてを落とし込むのではなく、あえて描かないことで観る側の想像力にゆだねる、そんな配慮が感じられる素敵な作品でした。

さて、「CREPOS SELECTION」は次回で30回を迎えます。テーマは「歌」。形のない「歌」が、絵でどんな風に表現されるのか、とても楽しみです。たくさんのご応募お待ちしています。(中尾)




募集中のコンテスト

現在募集中のコンテストはありません

CREPOS SELECTION
【PR】森のえほん館オープン!



CREPOS TOP

PAGE TOP