2010/04/06 更新

テーマ「モノクロ」で募集した「第26回CREPOS SELECTION」には、85点のご応募をいただきました。ご参加いただいたクリエーターの皆さま、本当にありがとうございます。


・最優秀賞
・好感度
・テーマ性
・完成度


最優秀賞

おおで ゆかこさん 「Happy Monochrome life.」

■コンセプト
「ぼくの楽しいモノクロ生活」モノクロと聞いて最初にパンダが浮かんだので、分かり易くパンダの身の回りの物を考えてみました。全てがモノクロということが分かるように、金魚鉢の水だけ水色にしています。モノクロの世界は無機質だけれど、パンダにとったらパラダイスなのです。

■スタッフより
白と黒のパンダの持ち物は、やっぱり白と黒。「モノクロ」というテーマを、パンダと、パンダの持ち物で表現していただいたとても素晴らしい作品です。
そうです、パンダの色は白色と黒色で、金魚鉢の水の色は水色なのです。だからこそこの作品にはモノクロの必然性がありました。
おおで ゆかこさん、最優秀賞おめでとうございます!(中尾)



おおで ゆかこさん イラストレーター

1986年生まれ。大阪府在住。フリーイラストレーターとして活動中。
大人には子どもの頃のわくわくした気持ちを呼び起こすような、子どもにはわくわくするような作品を制作しています。遊び心・ストーリー性のあるイラストを目指しています。
見る人の意識の中に、すっと入り込めるようなイラストを日々模索中。アナログ・デジタルどちらも使用しています。
HP:http://www.geocities.jp/yu_minty_86823/




優秀賞

黄色いもみじさん 「図書館の片隅で」

■コンセプト
テーマがモノクロということで、白黒の絵を思い浮かべた時、おとぎ話の挿絵を思い浮かべました。それも、かなり古びて日焼けした古書に載っていそうな。そんな雰囲気を出せたらいいなぁと思って、描きました。

■スタッフより
モノクロというテーマを本当に丁寧に扱った、黄色いもみじさんの作品です。
画の繊細さ、ダークトーンでまとめられた色使いの細やかさなどもさることながら、とにかく美しいの一言に尽きます…!
ぐっと人を惹きつける美しさ。女の子の憂いを帯びた表情もそれを増長させています。
おとぎ話の挿絵という発想も、個人的に大きく評価したいところ。
黄色いもみじさんは、一体どのようなおとぎ話の一場面を想像して描いたのでしょう…。その物語の内容を知りたくなるくらい、魅力的で幻想的な作品です!(長尾)



古賀ようこさん 「アンツハウスへようこそ」

■コンセプト
黒だけで描いても違和感のない生き物、で蟻を選びました。食料庫、プレイルーム、ベッドルームなどいろいろな部屋がある巣の中で、思い思いに楽しく生活する蟻たちの様子を描きました。

■スタッフより
黒いアリがかわいいですね。「モノクロ」というテーマに非常にマッチしています。
全体に中間色がなく、メリハリのある締まった画面になり良い効果を生んでいます。
小物を書き込んであるわりに、アイコン化され無駄を省いてあることで、画面全体のゴチャつきが排除され、動きが残り、イラストレーションとしてバランスとても良いと思います。
手描きっぽさが出ている点も好感が持てました。
これ、アニメーションにしてずっと眺めたら楽しいだろうな。。。(永田)



きりりんさん 「都会の空」

■コンセプト
テレビの砂嵐の様な、荒くて激しいギラギラした印象がモノクロにはありました。あひるもびっくりしています。

■スタッフより
突然モノクロの砂嵐になる空、そんな空を驚いて見上げるアヒル達、そびえ立つ電柱と印象的なモチーフを一つ一つ丁寧に描いていただいた作品です。「モノクロ」というテーマを面白く噛み砕いた作品ですね。
昔のモノクロテレビはカラーテレビには無い想像力を掻き立てられ、現在のテレビよりも皆夢中で見たのではないでしょうか。このイラストからもモノクロテレビのような想像させてくれる余地を感じます。
砂嵐は不安や荒々しさを表すようで、一気に広まった雲のような不思議な怖さを感じます。よく見るとアヒルも白と黒のモノクロになっていたりと深くテーマを掘り下げている印象です。(齊藤)



ルミさん 「午後3時」

■コンセプト
それぞれ思い思いの趣味の時間。白と黒と聞いて連想したものを散りばめました。見て楽しい、探して楽しい、ゆったりした絵になっていたら嬉しいです。

■スタッフより
不思議でカワイイ、略してフシカワ??
とっても味わいのある作品です。薄墨が大変効果的に使われており、嫌味ない手馴れた感がありますね!
それぞれのキャラクターが、お互いを何も干渉せず、マイペースにそれぞれの時間を楽しんでいる様子が、見ていて穏やかな気持ちになります。
自分の時間を大切にしながらも、側にはいつも誰かが寄り添っている。理想的な関係ですね♪(藤田)



ノアさん 「チーム白黒」

■コンセプト
パンダ・ホワイトタイガー・牛・羊白黒の動物の着ぐるみを着た子供たち。五人目を募集中です

■スタッフより
着ぐるみ姿の子供って、文句なしにカワイイですよね!!
手足の太さと短さがちょうどいいんでしょうね。
こちらの作品のキャラクターたちも、上手にかぶりものを着こなしていて、とにかくキュートです。個人的には、タイツを穿いているというのもポイント高しです!5人目は、ペンギンさんなどはいかがでしょう?
ただ、動きや表情が乏しいのが残念なのと、緑色のぼかした囲みはない方がモノクロ感が出て良かったのかもしれません。(藤田)



naekoさん 「the elegancy of monochrome」

■コンセプト
色なんかなくても美しい、自然のモノクロを描いてみました。

■スタッフより
良いですね、モノクロというテーマにシマウマ、これ以上ない組み合わせですね。
書き込みすぎないデッサン、白い背景と溶け込んだ感じと運命の糸?のラフさが対照的に程よく動きを生んでおり、効果的でオシャレに仕上がっています。
大きな画面にして見てみたい!と感じました。(永田)



幸白 みやほさん 「わらの上の紳士」

■コンセプト
ニワトリさんが朝鳴いてくれたら、どんなに眠たくても、朝寝坊しないだろうな、と思いながら描きました。

■スタッフより
白と黒のバランスがとても綺麗にまとまっていて、可愛さとカッコ良さを感じました。
これほど威風堂々としたニワトリさんも中々いません。守り神のようでもあり、ただとぼけているだけのようにも見えます。僕もこの人達と一緒に、紳士なニワトリさんを見上げてみたいものです。
不思議な世界をモノクロで描いてくれた幸白 みやほさんの作品でした。(関谷)


kotaさん 「衝撃」

■コンセプト
衝撃的なシーンはモノクロでのリアクションがぴったりだと思います。驚いているのにどこか間の抜けた、そんなステッカーを作りたいと思いながら作成しました。ライブハウスの隅っことか、街の看板の裏だとか、そういう所にあって欲しい感じです。

■スタッフより
どんなショックな出来事があったのでしょう。
opiumってなんだろう?と調べてみましたが…、そういうことだったのですね。。。このショック状態は大丈夫でしょうか?それを経験したくらいの衝撃度なのだな、と納得しました。
欧米的なイラスト表現が古い新聞広告のようで逆に新しく感じました!(永田)



nyanさん 「ちょっと遊びに」

■コンセプト
モノクロ映画に出てくる女優が、カラーの世界も知りたくて、ちょっと遊びにきちゃった。そんなイメージで制作しました。アクセントの色や、模様の印象で、モノトーンでありながら派手で華やかな画面になるように意識しました。

■スタッフより
モノトーンでまとめられた中に、一際目立つビビットな色の使い方が大胆で、印象に残る個性的な作品だと思いました。
大きなメガネや大胆な柄のドレスが、ツイッギーがファッションアイコンとされていた60年代を彷彿とさせ、脚付きのテレビの中に半分身を乗り出している構図が、今回のテーマである「モノクロ」を上手にに紐付けてしてくれています。
nyanさんが「モノトーンでありながら派手で華やかな画面になるように意識した」とおっしゃるように、ドレスや蝶などはモノクロでありながら、作品全体がとても華やかな作品だと思いました。(廣瀬)





入選

画像をクリックすると拡大表示します。

ワカシマナオミさん 「騎士と私」

■コンセプト
騎士と2人で逃げていると、魔女は怒って追いかけてきて魔法をかけてきました。すると、騎士はチェスの駒へと姿を変え、彼女のまわりからは全ての色を奪ったのでした。なんて、物語の一説に出てきそうなシーンを描いてみました。

■スタッフより
目ヂカラのある、魅力的な女性がとても印象的で、モノクロながら美しい作品だと感じました。
女の子がチェスを抱きしめている感じが少し艶っぽかったので、ワカシマナオミさんの作品コンセプトを見て、抱きしめているチェスは魔女に姿を変えられてしまった騎士だと知り、「なるほど!」と納得できました。
個人的な感想ではありますが、作品を見たときにどんなストーリーで描かれた作品なのかがわかりづらかったので、それがもう少しわかりやすくなると、より作品の魅力が伝わりやすいかと思いました。(廣瀬)



ゴズさん 「リアルぬりえ」

■コンセプト
モノクロな街で塗り絵をしている子たちです。ちょっとはみ出して塗ってたりもしますが、これで街があかるくなると思われます。

■スタッフより
テーマ性・完成度とも十分なレベルです!街の造形もユカイで、すべて塗り終わった「カラフルな街」はどんなかな、と楽しく想像したりしました。
あえていうなら比較的あるネタなので、コンテストでは不利だったかもしれません。もうひとひねり、ゴズさんらしさが加わるといいのではないかと思います。(秋山)



Keiko Kurodaさん 「spring air」

■コンセプト
モノクロで、白を多めに残して明るい春のイメージを描いてみました。日々温かくなるのが嬉しくて、私自身もこういう気分で過ごしてます。

■スタッフより
銅版画のような繊細なタッチで「春」を表現していただいたKeiko Kurodaさんの作品です。
モノクロの作品であるのに暖かな「色」を感じられる素敵なイラストです。児童文学書の挿絵のような味わいあるタッチですね。
あえて白を多くして春の光を想像させる事に成功していると思います。
イチゴやお花、自転車を漕ぐ妖精もひとつひとつが愛らしく、気持ちも暖かくさせてくれる素敵な作品だと感じました。(齊藤)


ときた ひとしさん 「Bunny Girl」

■コンセプト
子供の頃イメージした,大人のバーはモノクロの世界でした。完全なモノクロのイラストではありませんが、色褪せた映画のようにかえってイメージが広がるような気が致します。

■スタッフより
右下にボトルの絵とコピーを入れたら、すすけた煉瓦壁のバーに貼ってあるポスターになりそう!
モノクロというテーマをうまく消化した、雰囲気のある作品だと思います。書き込みもオシャレで素敵。特にダンディな酔客のみなさまが好きです。
ただ強弱の付け方がちょっと弱いのがもったいない気がしました。せっかくの書き込みがごちゃついて見えてしまいます。もう少しアイテムを整理して、バニーちゃんを引き立てるような奥行きを感じさせる構図にすればもっとよくなるのではないでしょうか。(秋山)


MiNさん 「色彩感覚」

■コンセプト
モノクロで描いたはずなのに、描いた人によってでてくる色がある。

■スタッフより
ライティングされたキャンバスの前でたたずむ女の子を描いた絵は、MiNさんの作品です。どこか物悲しい雰囲気で、特に黒の絵の具が巻き散っていたり、絵は塗られているのに人は塗られていない点も印象的です。
ただ仕上げ具合が、人によっては雑に見えてしまう点が残念でなりません。アナログの筆と絵の具でこの仕上げであれば同じ絵でも見え方が変わってくるのですが、PCでしかもピクセルで描かれた作品だと荒さの方が目立ってしまいます。(中尾)


滝谷コーヘーさん 「STREET OF THE AIR」

■コンセプト
マンガのようなコマ割りで白黒で表現しました。町中にスニーカーが降って来て人々が面白おかしくバカ騒ぎしている様子を描きました。

■スタッフより
空からスニーカーが降ってきて、街の人々が熱狂している…摩訶不思議な場面をアメコミのようなパッキリしたイラストで描いていただきました。
ブームだったレアバスケットシューズが降ってきて皆大喜び!そんな楽しい場面を想像しました。切り絵のような太い線が印象的ですね。逆さのビルや巨大なスニーカーが地面に激突している様子などダイナミックでおもしろい表現です。
惜しい点は細かい部分が潰れてしまっている所でしょうか。もう少しモチーフを少なめに、大きく描いていただけるとより見やすい作品になったかと思います。(齊藤)


kiiさん 「真夜中に愛の花咲く」

■コンセプト
草木も街も眠るしんとした真夜中、月明りの下ではネコたちの集まりが。ハナムコとハナヨメの二匹のお祝いだ!

■スタッフより
暗闇の中、たくさんのネコたちに囲まれ祝福される二匹のハナムコとハナヨメが、月明かりに照らされて、引き立っています。
主役の二匹だけでなく、まわりのネコたちもとても嬉しそうで微笑ましいです。
隣どおしで抱き合ったり、踊ったり、尻尾にリボンをつけてオシャレしていたり…と良く見れば見るほど、それぞれのネコに個性を感じられ、まるで、絵本の1ページを見ているかのような優しい雰囲気が溢れる作品だと思いました。(廣瀬)


sakinさん 「モノクロアイドル」

■コンセプト
少女にとって白黒のテレビの中は退屈そのもの。そんな彼女が色を求めて飛び出してきた様子を描きました。

■スタッフより
レトロな印象が独特のsakinさんの作品です。
厚塗りの画力が素晴らしく迫力があります。
今は赤色だけですが、これから沢山の色が彼女を飾ってくれるのでしょうか。
こういったコンセプトは個人的に大好きです。彼女の期待と好奇心がこちらにも伝わってきて、これからどんな驚きが待っているのかを想像してしまいます。(関谷)


天柳さん 「ありゃりゃ」

■コンセプト
どこかに紛れ込んでしまったような不思議な世界観を目指しました。

■スタッフより
パンダやペンギンなどモノクロな動物が好きなのですが、この妙に上品な顔立ちのシマウマもツボです!
また本当に黒1色だけで、うまく空間のねじれが表現されていてスゴイと思いました。
難をあげるとするならば、背景の線がやや粗い気がします。
もっとキリッとした美しい線になれば、完成度はグッと上がると思います。(秋山)


土屋なつむさん 「雨の街で」

■コンセプト
夜の静かな街。街灯の下で黒いコートにこうもり傘と闇のようないでたちで佇む男。モノクロ映画のワンシーンをイメージしました。

■スタッフより
雨の街頭の下、黒猫と仲良く相合傘をする場面を映画のワンシーンのように表現していただいた作品です。
黒い蝙蝠傘、黒いコート、黒い猫と「黒」が効果的に生きています。黒の多い中に人物の顔や街頭の白が印象的ですね。塗りムラのような表現が画面に暖かな雰囲気をプラスして白黒の中にも、やわらかな印象を与えてくれる素敵な作品です。(齊藤)


ももろさん 「三寒四温」

■コンセプト
春がもうすぐ来るので、おいやられた冬のペンギンたちは素直に雪かきしながら撤退していきますモノクロから季節の変わり目の暖かさと寒さと、両方感じてもらえたらいいなと思って描きました。

■スタッフより
冬から春への切り替わりをペンギンの雪かきで表現していただいた、ももろさんの作品です。去り行くペンギンが雪をかいていくと地面が出てきて、冬が終わって春になるという物語が素敵ですね。
惜しいなあと思ったのは、ペンギンの黒と雪かきされたあとに出てくる地面の黒が同じ色だったことです。テーマと少し外れてしまうかもしれませんが、冬と春の違いがわかるように、地面はカラーにしてもよかったのかなあと思います。(中尾)


SAKAMOTTIさん 「GANG STAR!」

■コンセプト
昔の白黒映画に出て来るようなギャングをイメージして描きました。背景、文字をモノクロで描きキャラクターを上手く強調出来たかなぁと思います。

■スタッフより
モノクロ世界でギャングが大暴れ!パワフルなSAKAMOTTIさんの作品です。
SAKAMOTTIさんのモノクロ作品は初めて拝見させていただいたのですが、カラーがなくても躍動感と明るさが表現されているのはさすが!
コンセプトにもある通り、昔の白黒映画を彷彿させているところや、文字を建物の明かりなどにみたてているのもグッド♪
画面内で構成するバランスも、相変わらずお上手です!
見ている側がパワーをもらえる、そんなSAKAMOTTIさんの作品、またお待ちしています!(長尾)


tobiongさん 「コンパンワ」

■コンセプト
色を失う深い深い夜に訪れた、ちょっととぼけたお客様。夜には怖いイメージもありますが、できるだけ不思議で優しい表現を目指しました。

■スタッフより
質感がとっても素敵なtobiongさんの作品です。コンパンワ。
幻想的な背景は捉え方次第では恐怖を生みますが、そこにヒョコッと現れたパンダは簡単に恐怖を取り去ってくれました。
ポップな星も怖い夜を崩してくれて、コンセプトである不思議な世界を感じます。
こんなに可愛いお客様と会えるなら、夜が待ち遠しくなりますね。(関谷)




最終選考

画像をクリックすると拡大表示します。


もしさん
「ものくろ兄弟」


いまうらさくらさん
「Dorothy in Wonderland」


Maluさん
「少女時代」



三宅律子さん
「秘密」


CHUさん
「モノクロステージ」


池駄さん
「Scrap」



実理乃さん
「恋模様」


codaさん
「恋人」


Asuka★さん
「Happy Dream」



MIWA★さん
「FUNK☆」


RUSKoneさん
「絵描」


ONIGIRIBANZAIさん
「TOMATOMAN!」


総評

テーマ「モノクロ」で募集した「第26回CREPOS SELECTION」には、85点のご応募をいただきました。ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございます。

もともとカラーのものをモノクロで描くのと、もともとモノクロのものをモノクロで描くのとでは、モノクロの意味が変わってきます。
おおで ゆかこさんの作品がきらりと光っていたのは、モノクロのものをモノクロで描きつつもその中にカラーのものをひとつ置いたことで、モノクロに意味を持たせている点です。
「モノクロ」=「色がない」というところからは生まれてこない素敵な発想で、ひと目見て、惹きこまれてしまいました。

おおで ゆかこさんの作品の他にもたくさんの素敵な作品が集まり、モノクロなのにカラー以上に色を感じる作品や、テーマをうまく噛み砕いた作品、モノクロだからこそモチーフが引き立つような描き方をした作品など、解釈の違いによってここまで作品が変わるのかと本当に感動しました。


次回第27回CREPOS SELECTIONのテーマは「星」です。どんな光輝く作品が集まるのでしょうか。とても楽しみです。(中尾)


募集中のコンテスト

現在募集中のコンテストはありません

CREPOS SELECTION
【PR】森のえほん館オープン!



CREPOS TOP

PAGE TOP