2010/02/16 更新

テーマ「女の子」で募集した「第24回CREPOS SELECTION」には、100点のご応募をいただきました。ご参加いただいたクリエーターの皆さま、本当にありがとうございます。

最優秀賞

マツオヒロミさん 「準備中」

■コンセプト
メイドがお嬢様のクローゼットに憧れてこっそり…というようなシチュエーションがなんともいじらしくて大好きです。かわいい女の子になりたいのになれない、と、もがき憧れる心こそが女の子そのものだなと思い、描いた作品です。

■スタッフより
メイドがこっそりとするおしゃれを描いたマツオヒロミさんの作品です。
圧倒的な画力で描き出した人物とその他の小物が素晴らしすぎて目立たないのですが、実は鏡に映った自分の姿を見ているという客観的かつ主観的な視点を描いた構図に、マツオヒロミさんのセンスを感じました。全体的に緋色がかった色味も素敵だと思います。
マツオヒロミさん、最優秀賞おめでとうございました!(中尾)


マツオヒロミさん イラストレーター

2009年秋よりフリーのイラストレーターとしてスタートしました。女性、装飾をキーワードに、レトロな雰囲気、和の雰囲気を描くことが多いです。コケティッシュで上品に。女性にも男性にも気に入ってもらえるような画面を心がけています。
HP:http://rokka.but.jp/




優秀賞

mayu matsubaraさん

■タイトル
Swinging Girl

■コンセプト
60年代のファッションに憧れる女の子2人。おそろいのワンピースを着てパーティーへ出かけます。オシャレと音楽が大好きなスウィンギンガールをイメージして制作しました。

■スタッフより
顔、髪、服、指、ちょいデコラティブな鎖骨や脇のライン、コントラスト。イラストレーションとしての完成度が高く、パッと見ていいなと思いました。
ただ、じっくり見ていると違和感を感じるのが脚のラインと処理。ここだけが他と比べると妙にざっくりした感じで、艶かしさに欠ける気がします。
もっとmayuさんのテイストに合う、美しい脚が描けるはず!ぜひ見たいので、またよろしくお願いします!!(秋山)



マユさん

■タイトル
女の子はいつまでも

■コンセプト
メリーゴーランドに乗った彼女は、獲物をねらうカウボーイ。いつまでも大好きなものを追いかける。夢の舞台で光を浴びたい。女の子が誰でも心の隅っこにもっている、そんな気持ちを表現してみました。

■スタッフより
水彩で丁寧に描きこまれた図形に強く惹かれました。かつ、60年代や70年代の懐かしいイラストのようでありながら現代のポップさも兼ね備えた、新鮮なテイストだと感じました。 主人公の女の子は強い赤を用い、メリーゴーランドは淡い色使いにすることで女の子が強調され、背景を黒で締めることによって、夢の中のような世界観が引き立っています。 計算された色調と構図が印象的な作品でした!!!(永田)



shonさん

■タイトル
変身ちゅう★

■コンセプト
時間をかけてより可愛くなるために、日々女の子は変身します。可愛くなりたい気持ちはみんな同じ!努力はおしみません!そんな絵です。私は手抜き気味ですが…。

■スタッフより
うーん、デッサンが素晴らしいです。女の子の体のラインもそうですが、指の1本1本の立ち方が生き生きとしていて好感が持てます。背景のアイテムの描き方もバランスよく描かれています。
ただし、全体の構図としてきれいに収まりすぎている印象があるので、女の子をもっと大きく扱ってみたり、全体を斜めに傾けてみたり、トリミングを工夫したりしてみてはいかがでしょうか。
背景のレース風の図形についても本物のレースを配置してみたりアナログ要素をプラスして遊んでも良いと思いました!(永田)



天柳さん

■タイトル
肉!肉!!肉!!!

■コンセプト
草食系?何それ?食べれるの??という女の子たちが集まって食事会。日焼けは嫌なので、木陰で。デザートはもちろん別腹よね。会話が聞こえてきそうな絵になるようにしました。

■スタッフより
屋外レストラン?で、ぱくぱくもぐもぐと美味しそうにお肉をほお張る女の子達。給仕のクマさんの呆れた視線を浴びながら、そんな事は気にせず、お腹を満たそうとする様子がなんともユニーク。
日焼けを気にして木陰で食事をしている風景なのですが、せっかくのかわいらしい絵が、影を表現した事により、色も雰囲気も暗くなってしまい、キャラクターの表情もわかりづらくなっています。「女の子」というテーマを生かすのであれば、「日焼けを気にする」とは別の方向で表現した方が良かったように思えてなりません。
また、人間以外の動物が「女の子」だという事がわかりづらいです。素敵なドレスを着ておめかししているのに、目の前のお肉の誘惑に勝てずがっついてしまう様子などを描く方が、テーマに沿いつつ、説明なしで見る人にもわかりやすかったのではないでしょうか。(藤田)



kimixさん

■タイトル
ガーリービーム★

■コンセプト
そばかす少女たちが繰り広げるガールズトーク!その雰囲気をポップに描きました。

■スタッフより
画面から飛び出しそうなオシャレガールのイラストを描いていただきました。
女の子達のガールズトークが聞こえてきそうな勢いの有る素敵なイラストですね。
パステルカラーとモノクロの主線のバランスもセンスの良さを感じます。
ファッション雑誌やコスメのパッケージにしても映えそうですね!フレンチでポップな雰囲気が個人的に大好きな作品です。(齊藤)



竹内淳哉さん

■タイトル
love story

■コンセプト
伝えたい気持ちを押しこんだ籠には、あの人も見ているだろう夜空が広がっている。青い鳥に幸せを祈り、手に持っている小説を読んでは思いをはせる。そんな恋心を抱いた女の子を表現しました。

■スタッフより
コンセプトにもあるとおり、物語性を感じさせる竹内淳哉さんの作品。
「気持ちを押しこんだ籠」。叶えられるならあの人の隣で夜空を眺めたい、そんな気持ちがつまっているのでしょうか。
モチーフと背景、カラーのバランスの調和により、ピンと糸が張られたような静的空間が、幻想的な世界観を表現しています。ダークトーンのカラーでまとめている中、暖色系の花を籠に添える事で、暗いイメージを持たせない工夫も素晴らしいですね。
純粋で清らかな恋心。そんな抽象的な感情を、本当に綺麗に描いた作品だと思います。(長尾)



ももろさん

■タイトル
飾らずとも華はなくともそうありたい

■コンセプト
お母さんがね、中身がとても大事だってそう伝える女の子にリボンでなくとも美しい蝶が止まります。美をどこか意識する女の子達を描きました。オスばかり描かれますがメスのつつましい内面こそ外に現れる美しさになるのだと思います。

■スタッフより
孔雀やライオンはオスにだけ尾羽や鬣がついていて、求愛行動に利用されます。だけどメスにはそれがありません。そんなメスを飾るかのごとく女の子の頭に蝶がとまった様子を描いた、ももろさんの作品です。
単に飾るだけじゃなくて蝶がとまる、という発想がささやかながらすごくおもしろいですね。
欲を言えば蝶の軌跡と輝きが他のところになじんでしまっていて、大きさのせいもありますがわかりにくくなっている点が惜しいなあと思います。(中尾)



コガヨさん

■タイトル
赤いリボンの女の子

■コンセプト
お母さんがいない時間、こっそり鏡台の引き出しをあけてみると、そこには香水、口紅、リボン、ネックレス…。女の子の心をわくわくさせるものがいっぱいで、思わずリボンをつけてみちゃった小さな女の子を描きました。

■スタッフより
自分自身も子供のとき、ちょっと背伸びしたくて母の洋服をこっそり着てみたり、指輪をつけてみたりしたことを思い出しました。女の子にお母さんのリボンはちょっと大きいけれど、両手でリボンを押さえて、鏡に向かっておすまししてるような雰囲気がとってもかわいらしいと思います。
床に散らばった口紅や香水、アクセサリーなどが好奇心旺盛な女の子を思わせてくれて微笑ましかったです。
背景が1色だけだと寂しくなりがちですが、縁の加工と赤と白が生きる配色になっていてインパクトのある作品に仕上がっています。(廣瀬)



SAKAMOTTIさん

■タイトル
THE★GIRLS BAND

■コンセプト
元気で活発な女の子を表現したかったので、ロックを演奏している女の子達を描きました。。

■スタッフより
安定していますね。作品として見ていて何だかとても安心するのは私だけではないはずです!
作品は女の子たちの活発なイメージを原色を使って表現されていて、それぞれの性格まで読み取れそうです。
勝手な想像ですが、この子たちを主人公にしたコミックが読んで見たくなりました!(永田)



なちさん

■タイトル
break time!

■コンセプト
あまいもの×おんなのこ=にこにこ!そんなおんなのこのかわいらしさが伝われば、と思い描きました。

■スタッフより
個人的にイチオシしたい、なちさんの作品です!
赤い線のみで描かれている作品なのですが、それが功を奏してか逆にパッと目に飛び込んできました。シンプルな構成なのですがそれが逆にセンスを感じさせます。
女の子のキャラクター、つぶらな瞳といい、動物といい、スイーツといい、ほんっとうにカワイイ!!にこにこした笑顔が大好きです♪
バースデーカードやバレンタインカードでもらっても、嬉しいイラスト♪なちさんのこの世界観を大事にしてください!(長尾)





入選

画像をクリックすると拡大表示します。

おおで ゆかこさん 「My favorite things.」

■コンセプト
雨の日だって、わたしのおきにいりがあれば、いつだって晴れの日。 女の子は好きなものが隣にあれば、いつだってわくわくした晴れの日です。 女の子で良かった!と思えるようなイラストを目指しました。

■スタッフより
香水、ジュエリー、ケーキ、ぬいぐるみ…。お気に入りのアイテムを思い浮かべて、雨の日の憂鬱な気分をふっとばしちゃおう!明るく前向きな気分になる作品です。
女の子の身に着けているアイテムの一つ一つがとってもかわいくて、こんな傘やレインコート、長靴が、雑貨屋さんで売っていたら、絶対手にとってしまいます!
キレイなパステル色の雑貨が、背景に紺色を用いることで色の美しさが際立ちますね。
惜しい点としては、アイテムの大きさが均一になってしまっていて、キレイにまとまりすぎている感があります。大小メリハリを付け、ちりばめる位置のバランスを再考していただければ、より良い作品になったかと思います。(藤田)


colocoloさん 

■コンセプト
お正月を迎え、和のイメージにしてみました。着物姿の女の子が鞠で遊ぶところを描いてみました。

■スタッフより
大変かわいいです!特にねこさん、なかでもこのカラーリングが好きです。
なのですが、通り鞠ってやっぱりお正月のイメージになりますので、掲載時期を意識して図柄を選べるようになると、きっともっとよくなると思います。
あとは鞠の模様の一部だけIllustratorで書いたままっぽいラインなのも、ちょこっとだけ気になりました。
着物好きなので、このイラストの春編・夏編なんていうのも見てみたいですね。私のイメージでは、彼女はきっと西瓜好き!(秋山)


A-neさん 「なかよし」

■コンセプト
テーマから、童話のように温かみのあるものを描きたい、と思いました。二人仲良くでおしゃべりしているのでしょうか、クマの女の子は楽しげです。その様子から、温かさを感じていただければと思っています。

■スタッフより
童話の1シーンを切り抜いたような、ちょっと不思議でとっても温かいA-neさんの作品です。
カンバスに描かれた二人のひと時は本当に楽しそうで、小鳥達のさえずりが今にも聞こえてきそうです。
空を淡いトーンで描いているせいか、カラフルな洗濯物もうるさく感じませんし、芝生のライトグリーンもとっても綺麗で見る人を穏やかな気持ちにさせてくれます。奥の家屋の存在感もコンセプトである童話の雰囲気に一役買っていて素敵です。また、屋根のデザインのせいか、空から地面までに広がりを感じ、窮屈な印象がありません。
お互いの衣服を干し合う姿など、細かい所に色々と温かさを感じますね。コンセプトにある温かみを見事に描いた「なかよし」な1シーンだと思います。(関谷)


おがわゆきこさん 「デート前日」

■コンセプト
一生懸命デートに着ていく服を選んでいる女の子は、より女の子らしくて可愛いと思います。そんな場面を切り取って描いてみました。

■スタッフより
女の子の気持ちと行動がパッと見で伝わりました。この状況は男性にとって「たまらなく嬉しい」ものでもあります(笑) 全体的にナチュラルなテイストで、お洒落な雰囲気がとっても素敵ですね。
右手に持つカーディガンはせっかく描き込んであるので、もう少しだけ濃い色を使っても良いかなと思いました。また、小物やアクセサリーも床に落ちていれば、もっと女の子が苦悩している姿を描けるのかなと思いました。
彼に夢中で、相手をしてもらえないクマのぬいぐるみがどこか淋しそうな点も個人的にポイントが高いです。
色々なジャンルのお洒落を楽しんでいる女の子が見たくなる、おがわゆきこさんの作品でした。(関谷)


オミ ミカさん 「キラキラガール」

■コンセプト
長い髪にふわふわのパーマ、かわいいアクセサリーに大きなリボン。女の子の憧れをギュっとつめこんだ、キラキラ女子がコンセプトです。かわいいものを身にまとっていますが、甘過ぎない表情がポイントです。指輪とブレスレットは友人がデザインしたオリジナルアクセサリーとコラボしました。

■スタッフより
タイトルに『キラキラガール』とあるように、キラキラと輝いた作品になっています。
レースやリボンとかわいいアイテムがありつつ、甘すぎないテイストなのはアンニュイな表情があってこそ。女の子の髪のラインやキラキラとした光のバランスがとても良いと思いました。
ご友人がデザインしたアクセサリーもハート、星、パールと女の子が好きなものが付いていて、とても可愛いですね。
今回初めてご応募いただいたとのことですが、独特の雰囲気をお持ちなオミ ミカさんの作品が今後も楽しみです。(廣瀬)


久保さん 「さくら」

■コンセプト
春がずっと続いている長い部屋(道)とそれにこれから踏み出していく、もしくはそこを去ろうとしている少女というイメージです。 春の別れと始まりの雰囲気を出したいと思って描きました。

■スタッフより
季節感がよくあらわれた久保さんのイラストは、後ろ手で握り締めるスカーフと、それをたなびかせる春の風が印象的なイラストです。襖に描かれた桜の花びらがかすかに舞っている点も見逃せません。
コンセプトにも書かれているように、この場所から去ろうとしているのか、もしくは踏み出していこうとしているのか、人によっていろいろ想像ができる素晴らしいイラストです。
ただ、スカーフを後ろ手で握り締めているのでここから去ろうとしているように見えるので、去ろうとしているのか踏み出そうとしているのか、イメージを固定した方が世界観に入り込みやすかったかもしれません。(中尾)


粟飯原洋子さん 「よくばりガール」

■コンセプト
甘いものもお化粧もおしゃれも長電話も楽しい事は全部好き♪あ、恋はもっと好き!女の子ってキラキラしていますよね。

■スタッフより
お菓子も長電話もだいすき!そんな欲張りガールのイラストを描いていただきました。
小物のペッタリしたテイストと女の子の繊細なタッチの違いが画面全体をまとまった雰囲気にしています。
女の子の頬や唇の艶っぽい雰囲気が素敵です。粟飯原洋子さんの描かれる女性は目に力を感じます。是非次回は人物の全身イラストも見てみたいと思いました。(齊藤)


fujiさん 「しあわせ」

■コンセプト
女の子が愛してやまない大好きなものに囲まれて幸せそうにしているところを描きました。幸せに浸っています。

■スタッフより
fujiさんのコンセプトにあるように、女の子が大好きなものがたくさん描かれていて、見ているだけでしあわせな気持ちになる作品です。
マカロン、クロワッサン、かわいいルームシューズ、ジュエリー・・・一つ一つ丁寧に描かれたかわいいアイテムは色使いも綺麗で、単品で見ても完成度が高いと思います。
もう少し女の子に角度をつけるか、ひざを曲げている感じがもっとわかりやすいようになっていると更に良いかと思いました。
うっすらとそばかすがあるところや、マニキュアとペディキュアが塗られているところなど、細かいところまで作り込まれていて、fujiさんのこだわりが感じられます。(廣瀬)


タノさん 「我が儘でいいじゃない」

■コンセプト
お菓子好きだしキラキラ好きだし、ぜーーーんぶぜぇーんぶ自分のものに出来たらいいなっと、自分の気持ちをそのままガッツリ出しました。だって、私も女の子だから。

■スタッフより
女の子のワガママ全開!大好きなモノをぜーーんぶ描いてくれたキュートで元気イッパイのタノさんの作品です。背景の甘いお菓子とキラキラのジュエリーが、女の子の頭の中でイッパイな表現が本当に素敵です。
女の子がお菓子と同系色なので、異なる色であればより引き立ったのかも知れませんが、大好きなモノに埋もれているような表現は今の方がずっと伝わってくるのかも知れません。背景がストライプであるのも賑やかさを演出してくれていますし、お菓子の描きこみにもこだわりを感じます。我儘な女の子がキュートに表現され、幸せな気持ちを分けてもらえる作品です。(関谷)


あす菜さん 「おかいもの」

■コンセプト
買い物好きの女の子です。くまさん財布を相棒にワクワクドキドキお買いもの♪

■スタッフより
淡い水彩タッチのあす菜さんの作品。女の子の髪が街の情景を映し出しているという構成がとても面白く、見ていて楽しいですね!
服の模様の細かさや、大きなリボン、お財布くまさんの目のボタンなど、ポイント的にオシャレを取り入れていて、買い物好きの女の子というコンセプトが上手く表現できていると思います。
左側の髪の一筋で画面を仕切らず、服を端まで描いてあげればもっと空間に広がりが出せたかも。買い物という魅惑に満ちた世界へご案内されちゃう、ステキな作品です!(長尾)


シロクマ13さん 「COLOR」

■コンセプト
絵を描くことに情熱をかける女の子を表現しました

■スタッフより
パレットと絵筆を持って静止する女性を描いたシロクマ13さんの作品です。
部分を描いていた自分の絵を俯瞰で見ている最中でしょうか。かかとを上げて中腰でいるところに「静」の中の「動」を感じることができて、素晴らしいと思います。
惜しい点を挙げるとすれば、女性の目線と体の向きが画面の奥行きに対してナナメになっているのに、背景の壁が奥行きに対して平行になっている点です。そのせいで妙な違和感があるので、次回はそんなところに気をつけていただきたいなあと思います。(中尾)


yupiさん 「女の子と鳥」

■コンセプト
女の子と鳥です。でもひょっとすると鳥型のおだんごヘアが完成した瞬間かもしれません。

■スタッフより
物語のワンシーンのような、女の子と鳥のイラストを描いていただきました。
鳥が女の子の頭にとまっているのか、鳥型の髪型が完成したのか…ストーリーをあれこれ想像すると楽しいですね。
個人的には鳥型の髪型だったら面白いなーと思います。マリーアントワネットの髪型のようなイメージですね! 彩度を抑えた色使いや手描きのタッチが昔のヨーロッパの小説挿絵のようで素敵です。(齊藤)




最終選考

画像をクリックすると拡大表示します。


MIWA★さん
「夢みる乙女」


pino terunicaさん
「A.D.3010」


きりりんさん
「夢から夢」



cakeさん
「おかいもの」


ゴズさん
「メイクアップ」


Nさん
「蝶よ花よ」



KOSHOさん
「フェルトでオシャレ」


池駄さん
「ではまた明日」


veCさん
「girls season」



inu.さん
「CREPOS MAGAZINE」


西村 誠さん
「誘惑する花」


つゆこさん
「あのね…」



HALKAさん
「blossom」


ヒシヌマアヤコさん
「少女」


name of the girlさん
「about a girl」


総評

テーマ「女の子」で募集した「第24回CREPOS SELECTION」には、ちょうど100点のご応募をいただきました。ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございます。
前回も同じようなことを書いたような気がしますが、今回もどの作品が最優秀賞になっても不思議ではないくらい、レベルが高かったです。

何が最優秀賞の決め手となったのかと言えば、マツオヒロミさんへの評に「主観的かつ客観的な視点」と書いたので、少し掘り下げて書かせていただきます。
絵を見るとき、これは誰の視点なのかなあとときどき考えます。たとえば映画のワンシーンを切りとったかのような作品もあれば、個人的なスナップ写真のような作品もあります。逆に誰の視点かをまったく意識していない作品もあります。

そういった観点からマツオヒロミさんの作品を振り返ってみると、鏡に映った姿を見る自分を描いたことで、テーマである「女の子」の、おしゃれをしたい気持ちと恥じらいの気持ちが見事に表現されていました。絵の「視点」を活かした素晴らしい作品です。


さて、「CREPOS SELECTION」今回でちょうど2年が経ちました。これから3年、5年、いや10年と開催したい、と考えていますので、よろしくお願いします。(中尾)


募集中のコンテスト

現在募集中のコンテストはありません

CREPOS SELECTION
【PR】森のえほん館オープン!



CREPOS TOP

PAGE TOP