2010/01/19 更新

テーマ「雪」で募集した「第23回CREPOS SELECTION」には、72点のご応募をいただきました。ご参加いただいたクリエーターの皆さま、本当にありがとうございます。

最優秀賞

JamiCricketさん 「雪の日の思い出」

■コンセプト
幼い日に二人で過ごした雪の日の思い出。というのをイメージしてイラストを描きました。幼い日の二人を色あせた感じの写真風にしてみました。古びた感じに暖かさを表現できていたらいいなと思っています。二人にとっての雪の日はいつになっても大切な思い出なのです。

■スタッフより
テーマ「雪」を暖色でまとめていただいたJamiCricketさんのFLASH作品です。
セルフタイマーで自分たちを撮ったような構図が非常に素敵だと思います。雪がアニメーションしていることにより、動かない「写真」をモチーフにした作品に花を添えています。
また、よくよく見るとひとつのマフラーをふたりで巻いていたりと、この二人の関係をさりげなく描いている点も秀逸です。 欲を言えば、雪のアニメーションがループしていない点が惜しまれますが、それを差し引いても素晴らしい作品です。JamiCricketさん、2回目の最優秀賞おめでとうございました!(中尾)


JamiCricketさん イラストレーター

女の子のイラストを描いています。
手書きPOPの仕事やDTPのお仕事などをして現在フリーのイラストレーターとして活動しています。
主にデコメール素材や待ち受け画像、簡単なFLASHの待ち受け画像などを製作させていただいています。私のイラストを気に入っていただけたらと思います。
HP:http://www.geocities.jp/sketch_703/




優秀賞

おおで ゆかこさん

■タイトル
Mousnowy night!

■コンセプト
雪がたくさん降り積もった日の夜、冬眠していたぼくたちは、真っ白な世界に心踊らせて飛び出した。積み上げたチーズは真っ白なゲレンデになったし、巨大雪だるまに潜り込んだあの子は得意顔!このままずっと、雪が溶けなければいいよね。

■スタッフより
イルミネーションや飾り付けを見て、Mouse達がスキーやソリで遊ぶ前から「雪」を楽しんでいた様子が伝わります。
積み上げたチーズツリーの、青のグラデーションがとっても綺麗ですね。きっとここだけでなく、奥の世界でも誰かが遊んでいるのかな?やわらかいタッチが世界観と綺麗にマッチしていて、寒色系を使用しても暖かい印象が伝わるのはしっかりとしたコンセプトを表現しているからだと思います。
細かいところなのですが、右下のMouseは凍った湖との鏡面反射をもう少し強く描いてもらえたら、もっとスムーズにMousnowy night!の世界観に入る事ができたのかなと思います(一瞬何をしているのか分からなかったので…)。 なんて楽しそうなんだろう!と心から思える、おおで ゆかこさんの作品でした。(関谷)



長尾マロンさん

■タイトル
雪ぞり遊び

■コンセプト
「雪」がテーマということで、私の家の裏には土手があったので、雪が積もると友達とそりを持ち寄り、土手の頂上から滑って遊んでいたことを思い出しました。この絵を見ていただいた方々に雪ぞりの思い出や昔やった雪遊びの話のきっかけなどになれたら幸いです。

■スタッフより
動物たちが雪の上をそりで仲良く滑る様子が描かれたこの作品は、「かわいい!」の一言に尽きます。
ノスタルジックなイラストに加えて時間の経過を思わせるような加工が施してあり、かわいいだけでなく味のある作品だと思いました。
色をたくさん使用しているにもかかわらず、センス良くまとまっているのはさすがです。雪の結晶だけでなく、かわいい雪だるまも描かれていて、見る側を飽きさせません。 個人的にはポストカードにして飾っておきたいくらい大好きな作品です。(廣瀬)



ももろさん

■タイトル
泡雪

■コンセプト
ひもじくて釣りをしていたクマですがふと見ると雪が! 雪があって息ができて、そうしてシロクマは生きていけそうです。雪は生き物にとって食べ物と同じくらい大切なものだと 思うのでそういうイメージで描いてみました。

■スタッフより
シロクマさんが釣りをしている所に雪が降ってきたシーンをふんわりしたタッチで描いていただきました。
思わず触りたくなるようなシロクマさんのフワフワの毛並みや、釣られた魚の躍動感ある表現など技術の高い作品です。 折り重なるように座るシロクマさんの嬉しそうな表情を見ると、思わず「魚も釣れたし雪も降ってよかったね!」と言いたくります。ほっこり暖かい気持ちになる作品ですね。(齊藤)



ニダイさん

■タイトル
*スノー*ドーム*

■コンセプト
雪と言うテーマから『スノードーム』を連想したので思いっきりスノードームを描きました★キラキラの雪の中、『スノードーム』の中の天使にも命が宿り、雪を喜んでいます★子供の頃、雪が降った・積もった時の嬉しい気持ちを思い出していただけると嬉しいです★

■スタッフより
天使のキュートさはもちろんですが、ドーム内の雪の動きとスピード感が秀逸なんですよねぇ。もっと見せて欲しい!画像もひとつひとつの動きも、とってもとってもカワイイ!!…のですが、どれもよすぎて、主役(なんですよね?)のスノードームが埋もれちゃってる気がします。
たとえばスノードーム以外の雪はぐっと我慢して(勿体ないんですが)、もっとドームに視線を呼ぶようにメリハリつけた方がよかったんじゃないかなと思います。
「CREPOS SELECTIONに1年間応募し続ける」を有言実行したニダイさん、また次の作品でもお会いできることを楽しみにしています!(秋山)



コガヨさん

■タイトル
しろくまシャーベット

■コンセプト
雪降る原っぱで、グラスに入ってるのは雪?それともふざけているしろくま?シロップかけたらまるでかき氷!野うさぎもびっくりです。

■スタッフより
白熊を、カキ氷に見立てたなんともお茶目な作品。コガヨさんの作品は、少ない色使いながら、その組み合わせが大変オシャレで、いつも目を惹きます。
背景も、ただベタ塗りではなく、版画のようにところどころイイ感じのムラがあったり、白熊さんの手足の柔らかい線の描写など、技術とセンスの高さをうかがわせます。 もっともっと色んな作品を見てみたいです!(藤田)



nosonoさん

■タイトル
不思議生物ハナヤマを御存知ですか?

■コンセプト
スキーですか。5人でボーゲンでトレインですか。ウェアがダサかっこいいですね。でも御存知ですか?そこ、いや…それ、不思議生物ハナヤマの冬毛ですよ。わおぅ、モフモフっしぎ~っ。

■スタッフより
今回初めて作品を拝見したのですが、子供の頃だいすきだった絵本「すてきな三にんぐみ」(著:トミー・アンゲラー)を思い出しました。
オシャレなデザインと、画像の奥に楽しい物語が広がっているような、見ているだけでわくわくする感じ。とても好きなイラストです。ぜひまた楽しませてください!
個人的にちょっぴり気になったのは空の色。カラフルなグラデーションより暗めの1色の方が、ハナヤマさんやスキーヤー★5が引き立ったかなと思わないでもないんですが、どうでしょうか。(秋山)



colocoloさん

■タイトル
skate

■コンセプト
雪の降る中で楽しそうにスケートをする動物たち。。。色をグレー系にして冬の寒さ、静けさも伝わればと思います。

■スタッフより
スケートを楽しむ動物たちを、ナチュラルテイストに仕上げたcolocoloさんの作品。
カラーが全体的にまとまっていることで、イラストに調和が生まれていますね!コンセプトにもある通り、寒色系で統一されているので、冬独特の曖昧な空の色や静けさが、上手く表現されていると思います。
少し、アザラシの色が氷に溶け込んでしまって見辛いのが残念かも。ただ、動物達のデザインはとてもカワイイので、ポストカードはもちろん、シールにしても喜ばれそうなステキな作品です!(長尾)



yohkoyさん

■タイトル
drop

■コンセプト
雪が空から降ってくる様子をいろいろな景色で楽しんでください。画面上でマウスをクリックするたびに背景が変わります。お日様の光にかがやきながら。夜にしずかにひっそりと。春先にとけそうになりながら。

■スタッフより
時の流れをゆっくりと感じさせる、冬の季節独特の雰囲気を表現したyohkoyさんの作品。
歯車の役割を担っている雪の結晶のデザインといいカラーといい、yohkoyさんのセンスをひしひしと感じます。 結晶の間を、コロコロと落ちてくる雪だるまがとってもカワイイ♪クリックすると背景が変わるというのも、見ている側を飽きさせませんね!
3枚目の背景カラーと結晶のカラーの相性がちょっと惜しい気もしますが、個人的には一番オススメしたい…ゆっくり眺めていたい作品です!(長尾)





入選

画像をクリックすると拡大表示します。

とめぞうさん 「snowfall」

■コンセプト
雪のある美しい風景

■スタッフより
月が美しく輝き静かに雪の降る中、狼が歩く美しい風景を描いていただきました。
空と文字の入った地面のバランスが美しく海外児童文学書の表紙のような素敵な作品です。文字入りの作品は賛否別れる事が多いですが、とめぞうさんの作品は文字も作品の一部として大切な要素となっています。
個人的には少し文字の情報が多すぎかなとも感じましたので(サイトのアドレスなど)少し文字情報を減らしても良かったかもしれませんね。(齊藤)


ナカヤマ皐月さん 「ちぃさなぬくもり」

■コンセプト
あまりの寒さに、道に居た野良の子猫を拾い上げ暖をとるお侍さん。子猫の方も暖かいので上機嫌です。何気ない日常の一場面(といっても昔のですが)をイメージして描きました。

■スタッフより
日本の伝統色を使い、浮世絵風の仕上がりがとても渋いナカヤマ皐月さんの作品です。
寒い冬空の下、満月を背にそのお侍は何処に向かうのか…。と、物語を色々と想像してしまいました。暖がとれるという二人の目的が合致し、気まぐれな猫の表情も穏やかでとっても可愛いですね。
個人的には、白や灰色をベースにした当時の風景も描いていただければ、テーマである雪が更に引き立ち、寒さ厳しい中の二人のぬくもりがもっと印象的になるのかなと思います。(関谷)


土方伊緒奈さん 「雪の女王」

■コンセプト
雪の女王が氷の城を背景に佇むイメージです。

■スタッフより
全体にエアブラシで書き込まれたような幻想的なタッチが印象に残る作品です。
色数を抑えてあることで、氷の国の寒く静かな空間、息まで凍りそうな雰囲気が伝わります。細かい装飾の書き込み、オーロラの表現など高い技術が見て取れます。
しかし、好みが分かれる世界感ではないでしょうか。絵本やアニメーションで、物語としていろんな場面を見てみたい、と感じた作品でした。(永田)


有示さん 「みんなでそりあそび」

■コンセプト
寒い雪の日。楽しみ見つけて、みんなでぽかぽかの感じを作品にしてみました。

■スタッフより
ガッシュで描かれた有示さんの作品です。デフォルメされた動物が雪の中で遊んでいる様子がとてもかわいいです。原画が見てみたいなあと思いました。
惜しいところを挙げるとすれば、地面の雪がまだらに塗られているせいで、下塗りの水色が薄く見えてしまっている点です。空も水色なこともあり、特に地面と空の境界線が曖昧になっているため、全体が宙に浮いたような印象になってしまっています。(中尾)


SAKAMOTTIさん 「さぁ雪合戦だ!!」

■コンセプト
子供の頃、雪が降って来ると必ずやっていた雪合戦をイメージして描きました。今の子供達は、ゲームなどインドアの遊びをする子が多いので「外で遊びなさい!」そんな気持ちを込めて制作致しました。

■スタッフより
雪合戦する子どもたちを描いていただいたSAKAMOTTIさんのイラストです。ひと目見ただけでSAKAMOTTIさんの作品とわかってしまうのはさすがだと思います。
人物同士を四角形に配置して雪合戦の相手同士をクロスさせることで、構図的におもしろさを持たせているのが印象的です。 ただ今回、左上の余白がもったいなく感じてしまうので、空の色を薄くしたりして構図的に抜くなら抜いてしまったほうがよかったかなあと思います。(中尾)


きりりんさん 「電話」

■コンセプト
テーマは「雪」ですが、なるべく暖かい雰囲気になるようにかきました。ぼんやりとストーリーを浮かべていただけると嬉しいです。

■スタッフより
暖炉が燃える暖かそうな部屋で女性が電話をかけている。周りには森の動物達が女の人の電話の内容に聞き耳を立てている…。そんなファンタジックな作品を描いていただきました。
雪の結晶が地図と融合して道のようになった表現が面白いと思います。抑えた色調や小説の挿絵になりそうなスタイリッシュな雰囲気も素敵ですね。
私はこの作品を見て、サンタさんが道に迷ってしまい慌てて奥さんに電話をして、道を聞いている…そんなストーリーが思い浮かべました。(齊藤)


菅野さん 

■スタッフより
今回のテーマである「雪」がFLASHで表現された作品です。
寒色でまとめられていて、パッと見た感じだと冷たい印象を受けてしまったのですが、柔らかな光が加わることで、冷たい印象だけでなく神秘的な雰囲気が醸し出されています。
雪の舞い降りる様子はとても凝っていて、思わず魅入ってしまうほどなのですが、人物の動きは瞬きのみなので、腕の動きなどをつけてあげるなど何かしらの動きがあると、より一層この作品の世界感が出るかと思いました。(廣瀬)


いまうらさくらさん 「snow zoo」

■コンセプト
子供の頃、雪が降ると、きれいなところをすくってなめていたのを思い出して描きました。動物園に雪が積もったら、ペンギンは大喜び!あまーいシロップかけたら、他の動物達も、きっと嬉しいだろうなと思って、ペンギンのかきごおり屋さんを描きました。

■スタッフより
「雪」というテーマを、カキ氷という切り口表現していただきました。動物達の楽しげでいきいきとした表情が、どれもかわいすぎます!よく見ると、右側に象さんのお鼻が見えますね♪
アイス屋さんの装備もかなりの充実ぶり(笑)細かいところまで気を抜く事なくきちんと描かれているところに、いまうらさんのこだわりが見えます。
落ち着いたパステル色と、動物達の茶色の組み合わせも、とてもキレイです。(藤田)


だっ子さん 「ゆきのふるおと」

■コンセプト
雪が降るとき音はしません。でも「 しん しん 」という日本語が、なぜか雪の降る「音」として存在しています。案外、「音」があるのかも。寒いからコタツの中でもいいでしょう。静かに耳をすまして雪の音をきいてみては?

■スタッフより
よくわかります。雪の日って別世界にいるような気分ですね。
世の中が不思議なくらい静かなのに降る雪の存在感に耳を澄ますと、「しんしんしんしん」と音が聞こえそうです。
その様子を不規則な文字のならびと下方に配置されたコタツのイメージで「雪の一日」らしさを凝縮し、うまーく表現されていてなんとも微笑ましい作品です。なめらかなコードの動きのある表現も面白いなと感じました。
全体に「昭和」の色づかいな点も好感を持てました。(永田)




最終選考

画像をクリックすると拡大表示します。


shonさん
「Fairy of snow」


つゆこさん
「製造中」


ユ吉さん
「あったかい雪の日」



流星さん


ひろさん
「SNOWDROP」


ディダさん
「Snow heart」



粟飯原洋子さん
「eating snow」


A-neさん
「おはようございます」


Marbeeさん
「Snow Sherbet」



macky3588さん
「Fairy of snow」


tabun。さん
「あ、また降ってきたよ」


Nanahaさん
「A Happy Winter to you.」



池駄さん
「もうすぐ春だよ」


シロクマ13さん
「閉鎖された世界に降る雪」


橋田 志信さん
「只今作成中!」



ふじいまみさん
「雪を感じる」


MIWA★さん
「おいしいの?」


pommeさん
「楽しい時間がやってきた!」


総評

テーマ「雪」で募集した「第23回CREPOS SELECTION」には、72点のご応募をいただきました。ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございます。
今回はどの作品も完成度が高く上位の作品は特に拮抗していて、審査するスタッフがそれぞれの作品の「雪」に対する造詣の深さに心を動かされました。

今回最優秀賞に選ばせていただいたJamiCricketさんの作品は、さりげなさがポイントだと思います。もちろん第一印象でのかわいさが目をひくのですが、マフラーだったりちらつく雪だったりにさりげなさがあり、第一印象に対する第ニ印象とでも言えばよいのでしょうか、そのさりげなさが、作品の魅力をじわじわと高め、何度見ても飽きないものとして仕上げています。
また、最初に書きましたように他の作品も、それぞれの作品へのコメントは個別の評で書かせていただきましたので割愛いたしますが、それぞれがそれぞれの「雪」を表現した、本当に素晴らしい作品です。
残念ながら最優秀賞とならなかった方は、次回もぜひご参加いただけるとうれしいです。(中尾)


募集中のコンテスト

現在募集中のコンテストはありません

CREPOS SELECTION
【PR】森のえほん館オープン!



CREPOS TOP

PAGE TOP