2009/11/04 更新

テーマ「フルーツ」で募集した「第20回CREPOS SELECTION」には、60点のご応募をいただきました。ご参加いただいたクリエーターの皆さま、本当にありがとうございます。

最優秀賞

ANCOIさん 「フレッシュ!フルーツガール」

■コンセプト
食べるフルーツはもちろん、女子はフルーツのモチーフのものや、フルーツ柄が大好き。そんなフルーツ好きなガールを、ちょいレトロポップな感じで描いてみました。

■スタッフより
テーマ「フルーツ」にぴったりのキュートな作品で、秋らしい色使いとあいまって素敵なイラストに仕上げていただきました。
Illustratorのベジェ曲線で描写をしていただいたことで、ANCOIさんのPOPでキュートな作風がストレートに表現されています。また、背景だけでなく髪飾りや衣装もテーマのフルーツで彩られている点にも注目です。
ANCOIさん、第20回CREPOS SELECTION最優秀賞おめでとうございました!(中尾)

ANCOIさん イラストレーター/デコレーター

ラブリーポップなイラストをマイペースな感じで描いてます。
家にはかわいい愛犬フーちゃんがいます。
あとギター弾くのとかスキです。
HP:http://ancoi.ojaru.jp/




優秀賞

ニダイさん

■タイトル
Punch--!!

■コンセプト
フルーツと言うテーマだったので『フルーツパンチ』にしました★ポンチではなくパンチ!です★フレッシュなフルーツの入ったサイダーの中で遊ぶ人魚達。それを楽しそうに見つめる女の子。食べなくともフレッシュでキラキラした楽しいひとときを送っているのは確かです★とりどりのフルーツがあるからこそ楽しいそして嬉しい。そんな気持ちで作品を見ていただけると嬉しいです!

■スタッフより
「フルーツポンチ」ならぬ「フルーツパンチ」をテーマに描いていただきました。
サイダーの中で楽しそうに遊ぶ人魚達とそれを見つける女の子が綺麗にまとまった構図で表現されています。
ただ、「ポンチ」ではなく「パンチ」だということがわかりにくいので、たとえばグラスの中身が炭酸だとわかるように泡をたくさん描いたり、女の子の顔のまわりにあるはじけた効果をもっと増やしたりして、「フルーツパンチ」な部分をもう少しイラストで表現していただけると分かりやすかったかな、と思います。(齊藤)



ナカオヒロミさん

■タイトル
フルーツパーティ!!

■コンセプト
秋のフルーツ仲良し組がパーティの準備中。 果たしてフルーツタワーは完成するのか?! 秋のフルーツをキャラクターにしました。 りんごくんはアメブロに引き続いての登場です。

■スタッフより
フルーツ頭のキャラクター達の、楽しいパーティの様子を描いていただきました。4人のキャラクター達の生き生きとした表情がとても印象的です。
アナログタッチの、ほんわかした雰囲気が絵本の挿絵のようで、絵だけでもお話が浮かんでくるようです。
背景のリボンを含む、計算された構図も、見ていて安心感があります。
個人的にブドウちゃんの頭が、一番のお気に入りです。(藤田)



pinkjam yukiさん

■タイトル
リンゴノミツ。

■コンセプト
見た目はちょっぴり毒林檎っぽいけど、中身はレインボーの蜜でたっぷりのカラフルなリンゴ。みんな食べてほしくて、必死でアピールしています♪カラフルポップなリンゴのパーティーです。

■スタッフより
林檎たちが食べてもらおうと一生懸命アピールしているイラストをカラフル元気なテイストで描いて頂きました。
とろけた林檎と林檎を食べる人々が一つになって縦長の画面にバランス良くレイアウトされています。
ひとつひとつの要素が丁寧にセンス良く配置されているので、様々な色を使いつつもまとまった印象を受けるイラストに仕上がっていますね。(齊藤)



MIWA★さん

■タイトル
スウィートガール

■コンセプト
(私の)好きなものに埋もれたい願望をテーマに童話の中のようなかわいらしいイメージで表現してみました。

■スタッフより
童話の中のお姫様のような、MIWA★さんの作品。メインとなる人物とフルーツが色鉛筆で描かれていて、カラフルかつ繊細な描写が、とても素晴らしいと思います。
欲をいえば、せっかく丁寧に描かれた色鉛筆の描写が、背景の処理によって薄まってしまっている点です。レースのみにして、背景のギンガムチェックと文字をなくして大胆に人物とフルーツを中央に配置したほうが、すっきりしてきれいに見えたのではないかなあと思います。
大変かわいらしいテイストですので、そのかわいらしいテイストをうまく見せる方法をもっと研究していただきたいなあと思います。次の作品も期待しています!(中尾)



miniさん

■タイトル
JUICY BATH TIME

■コンセプト
フルーツいっぱいの美味しい香り漂うお風呂に浸かりながら、のんびりお月見までしちゃう。贅沢な、秋の夜。

■スタッフより
フルーツのお風呂に浸かってうっとりの乙女。甘い香りが漂って来そうです。
miniさんの作品は過去にも拝見しているのですが、鉛筆の線の走った感じが独特で力強く、だけれども女の子の描写がキュートかつオシャレで見ていて飽きません。
今回それだけでなく大きなフルーツを持ってくる大胆なモチーフの選び方が画面に変化をもたらしています。
独特の淡い色使いもさすがだな、と思わせます。また他のモチーフでも見たくなりました。(永田)



アニさん

■タイトル
山盛りバトル

■コンセプト
並べた果物切り落とし。たてよこ、よこたて。フルーツナイフが輝いて、吸い込めば果物の香り。よろしくお願いいたします。

■スタッフより
キレイなパステル色でまとめられたアニさんの作品。色の組み合わせとバランスがとても秀逸です。
また、何よりも目を引くのが、とても丁寧なフルーツの描写。描きこみ過ぎない、程好いリアルさが、女の子達のデフォルメ感を邪魔せず、むしろ引き立てています。
リアルとデフォルメの心地よい融合。もっといろんな作品を見てみたいと思いました!(藤田)



gatyaさん

■タイトル
Persimmon

■コンセプト
日本から1789年にヨーロッパへ、1870年に北アメリカへ伝わったことから、学名にも kaki の名がつかわれるほど日本のおなじみの果物をフューチャーしました。アメリカの80's風のテクスチャと柿を組み合わせて無限の可能性を表現しました。

■スタッフより
柿は日本から1789年(フランス革命の年)にヨーロッパへ、1870年に北アメリカへ伝わったことから、学名にも“kaki”の名がつかわれるほど日本原産でおなじみの果物ということコメントが添えられていました。(知らなかった・・・)
日本から海外に出ていった果物を人物とシュールに組み合わせてあります。
「アメリカの80's風のテクスチャと柿を組み合わせて無限の可能性を表現しました。」ですが、この人物はどういう人物なのかが見えづらいので、この点を明確に出来ると良かったように思います。
だけどこういった表現は個人的には大好きです!!こういう攻めの姿勢は大歓迎です。また面白いモチーフを組み合わせてどんどん作品を生み出していってください!!(永田)



SAKAMOTTIさん

■タイトル
秋の新作フルーツパフェを召し上がれ!

■コンセプト
コックの精達が、秋のフルーツを使った新作パフェを女の子の前に持って来る様子を描きました。今回のイラストはパーツが多かったので、なるべく色の数を少なめにして制作致しました。

■スタッフより
とても美味しそうなフルーツパフェを描いたSAKAMOTTIさんの作品です。 塗りはパステル色でまとめられて、いつもの原色系のポップな色使いのSAKAMOTTIさんの作品とは、一味違った風合いがあります。
黒い、くっきりしたアウトラインが特徴のSAKAMOTTIさんですが、パステル色に合わせて黒以外のラインで描くと、もっと作品にやわらかみが出たのではないでしょうか。
ラインの色を変えるだけで、作品の印象はガラリと変わります。
作品の色調に合わせたベストな色の線を見つけるのも、なかなか楽しい作業ですので、是非お試しください。(藤田)



MADE IN 2Fさん

■タイトル
apple tea

■コンセプト
テーマである「フルーツ」と掲載時期の「秋」からイメージするもの…林檎。個人的には果物の林檎そのものよりもアップルティー。寒くなり始め少し感傷的になる季節でもある秋にはアップルティーの温かさと甘さが本当に心地良い。そんな気持ちをシンプルに描きました。

■スタッフより
一度見たら決して忘れないインパクトあるキャラクターを描いてくださいましたMADE IN 2Fさんの作品です。
水彩テイストのムラのある塗り、下地の質感、鉛筆風の主線、くすんだ林檎の赤がイラストの世界観とピッタリマッチしています。
よく見ると、林檎の中でアップルティーを飲むキャラクターの表情がほっこりとして可愛らしい所もこの作品の魅力ですね。 このキャラクターで物語性のある作品も是非見てみたいです。(齊藤)





入選

画像をクリックすると拡大表示します。

ichiさん 「めしあがれ」

■コンセプト
秋と言えばリンゴです。ウサギリンゴにすると、ちょっとだけ美味しさが増す気がします。「ちなみに私はお尻から食べます」とリンゴの帽子をかぶった、リンゴが大好きな女の子は、ウサギリンゴを差し出します。

■スタッフより
秋のフルーツ、リンゴをモチーフにしたichiさんの作品。女の子の頭にのっかっているベレー帽が、りんごとお揃いでとってもキュート♪頬を染めて、一体誰にウサギリンゴをプレゼントするの?と想像が膨らみます。
イラストの構成では、バランス感が非常にグッド!ウサギリンゴの大きさとフォークの傾き加減がイラストに安定感を与えていて、この構成力には目を見張るものがあります。
また、背景を茶一色にする事で、イラスト全体をひきしめるのに一役買っていますね!
背景に自然や植物などのイラストを置いた場合は、まるで絵本の挿絵のような全く別の作品になりそう。そんな想像をかきたてられる作品でした。(長尾)


11さん 「compote」

■コンセプト
果物をワインやシロップで煮込むコンポート。そのポスターをイメージして作ってみました♪秋の果物はコンポートに合うものが多いですね。フルーツとシロップのフレッシュ感を感じていただけると嬉しいです。

■スタッフより
果物をシルエットで描写していただいたグラフィカルな11さんの作品は、どことなくポスター・アートの巨匠、カッサンドルを彷彿させます。
「comporte」ってもしかしたらスペルの間違いではないかなあと思うのですが、ぼくの不勉強でしたら申し訳ありません。ただ、そういったところに細やかな配慮がほしかったなあというのが感想です。たとえば文字の位置、大きさなどに果物やシロップとのメリハリをつけることで画面内でひとつひとつの要素がもっともっと引き立ったのではないかと思います。(中尾)


nosonoさん 「着の身着のまま木の実木のまま樹の幹のまま」

■コンセプト
「実りましたな」「えぇ実りましたね」「ホントに実ったのぅ」と三人が言う。 今日もいつも通り普段のミックスジュースができました。 特別じゃなくていいんです。いつまでも三人はそのままでいいんです。

■スタッフより
前回に引き続きご応募いただいたnosonoさんの作品です。
頭にフルーツを実らせた人々が自らの実をもいでミックスジュースを作っているという、面白いシーンをイラストで表現していただきました。
450px×300pxという小さなサイズの画面に個性的な世界が広がっていますね。
ジューサーのレインボーカラーやカラフルなフルーツが不思議な世界観をオシャレに演出しています。
出来上がったジュースを飲む人がとても小さく、よくよく見ないと分からない点が少し惜しいかなと思いました。(齊藤)


古賀ようこさん 「りんごひめ」

■コンセプト
りんごの赤×白のカラーリングの可愛さは、まさに果物のおひめさま!ドットや水玉を使って、ストレートに女の子らしさをアピールしました。

■スタッフより
赤と黒でスッキリまとめられた古賀さんの作品です。
洋服の赤いドット柄や、リボンとリンゴの影部分の黒いドットが、シンプルな色使いの中で、良いアクセントとなっています。
お姫様の髪の毛の塗り方をベタ塗りでなく、ラフな鉛筆タッチを用いているのも、とてもオシャレですね。キュートな女の子の表情も素敵で、個人的には一番好きな作品でした。(藤田)


菅野さん 「フルーツの女王」

■コンセプト
宝石の様にキラキラツルツルコロンとしたフルーツ盛りを秋っぽい色としっとりあわせて。「果物」ではなく「フルーツ」だった事から、まずそんなイメージを描きました。

■スタッフより
フルーツと人物の書き込みが素晴らしい作品です。だからこそちょっと気になった点として、アニメについてはもうすこし強調して豪華にキラキラしても良いと思いましたし、人物に瞬きをさせると、より人物の魅力が引き出されたのではないでしょうか。
あとは、例えばですがもっと「フルーツの女王」というテーマに焦点を絞るとすれば、女王の頭に今の倍ほど乗り切れないフルーツ盛りを加えて、バストアップくらいにすると頭のフルーツが強調されてよかったのではないでしょうか。
透明感のある暖色系の画面が好感を持てますし、描くテクニックを持っていらっしゃるので、そういった形で見てみたくなりました。(永田)


tomooさん 「モグモグモグ」

■コンセプト
秋といえばやっぱり「食欲の秋」!食欲旺盛すぎるうさぎたちが、山盛りフルーツを発見しはしゃいでいる様子です。山盛りフルーツの中に飛び込んでいくのは果物大好きな私の願望でもあります。ちょっとマヌケなうさぎたちに少しでも愛着を持ってもらえたら嬉しいです。

■スタッフより
沢山のフルーツに飛び込んでいくちょっとおマヌケな表情のウサギたちが愉快な作品です。
個人的にはもっとウサギの「鼻ヒクヒク」が表現されていると臨場感が出せたのではないかなと思いました。
最後の大きなウサギがアップの画面で画面が止まったような印象が払拭されると思います。
全体のゆるい空気感と意外と素早い身のこなしのウサギの動きとのメリハリが良く出た作品だったので、止まった画面がちょっと気になりました。
全体の構図としてはフルーツの書き込みがカラフルで賑やかで遠近感の表現が秀逸でした。(永田)


A-neさん 「My favorite」

■コンセプト
「魅力的なフルーツは数多くあるけど、その中でも自分が大好きなのはリンゴ!」そんな気持ちを表現しました。全体的に彩度を高く設定し、寒色系は避けてフルーツの色彩を強調しました。

■スタッフより
メインの女性の頭がリンゴのへたになっている。。。
リアルテイストながらユニークな絵柄におもわず目を止めてしまいました。黄色系の全体の色調によって不思議な世界観がより引き立たてられています。
欲を言えば背景の空が若干違和感を感じたので画面全体にもう少し不思議な世界観とか、フルーツに埋もれているとか出ていればよかったのではないでしょうか。
といいつつ、画力がすばらしいのでいろいろな作品をまた是非見せてください!(永田)


ERICCOさん 「恋」

■コンセプト
甘酸っぱい片思いをイメージして制作しました。

■スタッフより
幻想的な色使いが印象的な、ERICCOさんの作品。
背景を黒にする事で、色とりどりのカラーを浮き出させるような効果が上手く表現されているように思えます。 鳥とフルーツに散りばめられた白いドット模様は、宇宙に広がる星を連想させ、期待と不安、未知なる世界という思春期独特の感情を彷彿させるような……そういう印象を受けました。
男の子と女の子の無垢な表情と微妙な距離、モチーフのアンバランスさが、更に不思議な世界観を増長させています。そんな幼心の片思い……うーん、深い作品です!(長尾)


まつだみやこさん 「Fruits Smile」

■コンセプト
大好きなフルーツに囲まれて元気いっぱい!ついつい笑顔なっちゃう…そんな気持ちをイラストにしました。

■スタッフより
ほのかに秋を感じさせる落ち着いたカラーと、リアルすぎないナチュラルテイストなフルーツたち。森ガールが手を叩いて喜びそうな作品です!
シンプルな構成ながらも、それが功を奏して「フルーツ」のテーマを一番感じさせてくれる作品だと思います。チョークのような線で、ゆるい表情が描かれているのも遊びが入っていていい感じ♪
ただ、「Love Fruits!」の文字は手書き風にしたほうが、しっくりきたかも。カラーバランスはとてもよく、ブドウを中央に持ってくる事で、単調になりがちな画面を引き締めています。フルーツのテイストがとにかくカワイイ!イチオシの作品です!(長尾)


ももろさん 「フィーリングでいいんじゃない」

■コンセプト
どの果物が一番 おいしい ということばをつたえられるだろうか 「hちおjhyん」q(おいしい!)」最近はいろいろな食べ物の成分が注目されていますが食べておいしいのが一番だな、と思いながら描きました。

■スタッフより
細かな描写に丁寧な仕事ぶりがうかがえる、ももろさんのイラストです。実は壁に貼ってあるメモだったりガラス越しに見える研究所の様子だったり、細部の書き込みのこだわりっぷりにこだわりを感じざるをえません。
「フィーリングでいいんじゃない」というタイトルとは裏腹に、くまさん(?)の真剣な表情ににやりとさせられました。
個人的には、もっと大きなサイズで見てみたいなあと思ったのと、大きく見ることで細かな描写がよりひきたつのでは、と思いました。(中尾)


橋田 志信さん 「カラフルーツ」

■コンセプト
静かで秋らしいけれど、きらきら楽しい感じを出したいと思いました。WEB上で効果のある仕掛けをつけてみました。

WEB上での仕掛けの確認はこちら



■スタッフより
フォントの影響か、どことなくレトロな印象を受ける橋田 志信さんの作品です。
イラストの魅力もさることながら、このイラストにはしかけがあります。橋田 志信さんのコンセプト文にもありますように、Internet Explorer等のWEBブラウザで画像を選択すると…、なんと柿の実と星が光り、夜の様子をうかがうことができます。
実際に光っているわけではないのですが、最初の印象とはがらりと違って見える点に観る人を楽しませるエンタテイメントの精神があり、とても好感が持てます。次回の作品も楽しみにしています!(中尾)




最終選考

画像をクリックすると拡大表示します。


Nikoさん
「森のしゅうかく」


粟飯原洋子さん
「candy fruits」


haroさん
「林檎」



ダイスケさん
「ゲイジュツノアキ」


イノウエダイスケさん
「fruit girl」


mitsuさん
「くだもの隊の行進だい!」



ヨッピーさん
「桃まんじゅう」


Nさん
「フルーツをむく少女」


竹谷 嘉人さん
「憂鬱なブドウ」



ヨリョウさん
「秋の気分」


総評

テーマ「フルーツ」で募集した「第20回CREPOS SELECTION」には、60点のご応募をいただきました。ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

今回は、主要な果物が収穫される秋にちなんでのテーマだったこともあり、フルーツと秋をモチーフにした作品が多く集まった印象があります。
秋っぽいオレンジを基調とした作品が多く集まった中、最優秀賞に選ばせていただいたANCOIさんの作品は、中心にキャラクターを配置しつつもところどころにテーマであるフルーツをもりこんでいただくという、無駄を排除したストレートな表現をしていただいたところに魅力がありました。

また、前回からサイズが変更になったこともあり、まだ慣れない方もいらっしゃるかと思いますが、継続していただくことできっと磨かれていきますので、これからもご参加いただけるとうれしいです。(中尾)


募集中のコンテスト

現在募集中のコンテストはありません

CREPOS SELECTION
【PR】森のえほん館オープン!



CREPOS TOP

PAGE TOP